MONEY JAPAN WEB ジム・ロジャーズ・投資に役立つキーワード2008『史上最高値になったら、注意せよ』

MONEY JAPAN WEBのジム・ロジャーズ「投資に役立つキーワード2008」が更新されています。第四回は、『史上最高値になったら、注意せよ』です。全文引用させていただきます。

7月11日、ニューヨーク商業取引所の原油市場で、国際指標となっている米国産WTI原油の先物価格が1バレル=147ドルをつけ、史上最高値となった。その後、下落に転じ、9月16日には1バレル=90ドルとなった。わずか2カ月あまりで40%近い下落である。

ジム・ロジャーズ氏は、原油価格が100ドルを超え、史上最高値を更新しつづけていた2008年上半期から警告を発していた。
「人々は原油価格がさらに上がるのか、下がるのか私に聞いてくる。1バレル=200ドルまで上がるのか、あるいは65ドルまで下がるのか、私にはわからない。しかし、原油価格が1990年以降、50%の下落を2回記録していることは知っておいたほうがいい」

そして、さらにつけ加える。
「もうひとつ知っておくべきことは、『史上最高値になったら心配すべき』ということだ。買い物をするときは、史上最高値をつけているものより、安いものを買ったほうがいいではないか」 まさに、ジム・ロジャーズ氏が常に口にする“Buy Low, Sell High(安く買って、高く売れ)”にのっとった言葉である。

コモディティー価格は、1999年から上昇相場にある。そのなかで割安になっているものとして、ジム・ロジャーズ氏は砂糖を挙げる。砂糖は、1974年11月に1ポンド=65セントの史上最高値から、2008年9月下旬時点では1ポンド=約14セントと約80%も下落した状態だ。
「だから『砂糖を買え』というつもりはない。しかし、調べるのだったら、高い原油よりも砂糖に時間を費やしたほうがいいのではないか。私は、値を下げているものを探すのが好きだ」

引用元はコチラ⇒MONEY JAPAN WEB

ジム・ロジャーズ「中国の時代」
posted by ジム・ロジャーズ | WEBインタビュー情報

ダイヤモンドZAiプレ・インタビュー『大投資家ジム・ロジャーズに聞く!米国経済は、米ドル(USD)は、これからどうなる?』

ジム・ロジャーズ氏へのWEBインタビュー情報です。先日、緊急来日セミナーのため、訪日したジム・ロジャーズ氏が、ダイヤモンドZAi誌の取材を受けて、次のような通貨部分のプレ・インタビューを話しております。

<WEBインタビュー情報1−通貨部分のプレ・インタビュー>
ダイヤモンドZAi-FX!「ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」コーナーのプレ・インタビュー
『大投資家ジム・ロジャーズに聞く。米国経済は、米ドル(USD)は、これからどうなる?』

〇かつてのポンドのように、ドルは基軸通貨ではなくなっていくだろう
「米国はひどい景気後退に入っています。第2次世界大戦以降、最大の危機にあると思います。米国には投資すべきでないと思いますし、ドルに投資するのも賢明ではないと思いますよ。もし、あなたがドルを買いたいのなら、今、私が持ってるドルをお売りします。(笑)」
「ドルが世界中どこでも通用する時代はやがて終わるんじゃないでしょうか。私は娘にもアメリカのドルの銀行口座を持たせていません。」
「ドルは世界の基軸通貨ではなくなりつつあります。アメリカの債務は膨大な額にのぼっており、まったくひどい状態です。かつて、イギリスのポンドが基軸通貨でなくなっていくことを知らなかった人たちは大きな損をしました。アメリカのドルはポンドと同じようなことになると思っています。」

〇最近買った通貨は日本円とスイスフラン
「私が最近何を買ったか申し上げましょう。世界の航空会社の株、農業関連の株を買いました。中国株も買いました。通貨では、日本円とスイスフランを買いましたよ。」

このプレ・インタビューはコチラ⇒ダイヤモンドZAi-FX!「ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」

<WEBインタビュー情報2−インタビュー全文>
〇上のプレ・インタビューのインタビュー全文(+ジムがセミナーで語った内容)は、近日中に、ザイ・オンラインで公開予定である
〇今月10月21日発売のダイヤモンドZAi12月号にも掲載予定である
とのことです。こちらも両方とも要チェックですね。

以上、ジム・ロジャーズ氏WEBインタビュー情報でした。

ジム・ロジャーズ「中国の時代」
posted by ジム・ロジャーズ | WEBインタビュー情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。