ジム・ロジャーズ・アーカイブス 2006年・クラシック・ビジネス・デイ 「ジム・ロジャーズの水晶玉を覗いて見る」後半

クラシック・ビジネス・デイ,ヨハネスブルク(南アフリカ) 2006年5月

「ジム・ロジャーズの水晶玉を覗いて見る」後半

(前半からの続き)
リンゼイ・ウィリアムズ
「あなたが中国経済やインド経済にとても熱中しているというファンダメンタルズは別として、海外には、また他のこともあります。」
「ここ数日、米ドルの急落が見られました。イランの核問題による孤立が頭をもたげ始めて、政治的な配慮も見られました。それらの問題について、あなたは注意深く見ていますか?」

ジム・ロジャーズ
「わたしは、何でも注意深く見るようにしています。あなたが投資家になるつもりであれば、何もかも注意深く見た方が良いでしょう。その時でさえ、あなたはおそらくミスを犯すでしょう。私なら確実にミスります。」
「ええ。地政学的な配慮が大切です。私たちが好むと好まざるとに関わらず、石油は中東にあるのです。そして、そこは潜在的な問題のあるところです。しかし、他の産油国における潜在的な問題もまたあります。それと等しく重要なのは、世界中のすべての油田は衰退の中にあるのです。35年間、巨大な油田の発見がなかったのですから。」

リンゼイ・ウィリアムズ
「そうですね。アメリカ政府の統計では、昨年(2005年)、11000のテロ攻撃があり、一日に30人以上が被害にあい、14600人が死んで、さらに事態は良くなるようには見えないという発表があります。」
「イランの状況に関するアメリカ大衆の一般的感情はどんなものでしょうか?ドナルド・ラムズフェルド(当時の防衛長官)とブッシュ大統領は、この状況に関して、実際に何かをすると、あなたは思いますか?」

ジム・ロジャーズ
「もしも彼らがしたら、ものも言えないほどびっくりしてしまいますね。それは、無謀なことなのですから。しかし、これらの連中は、無謀なことをする能力がとてもあるということを、彼ら自身が証明してきました。だから、それらのこともやりかねないとも思います。」
「世界にとっても、軍隊にとっても、アメリカにとっても、そして、私たちみんなにとっても、大災害です。しかし、彼らは、メッセージを得なければならない、そして、誰も他の人はしないと信じているから、彼らが軍備増強で対抗をしないとは言い切れません。」

リンゼイ・ウィリアムズ
「こちらで人々を驚かしているように思えることは、アメリカ株式市場の回復力です。今日、マイクロソフト株が下落して、ほんの小さな裂け目を見ました。しかし、その時でさえ、主要な株価指数は、すべて、数年ぶりの高値(multi-year highs)付近まで浮かび上がってきました。アメリカ株式についてのあなたの見方はどうですか?」

ジム・ロジャーズ
「初めに、ここ最近、2〜3年間は、アメリカ株式は(指数曲線が)平らであったということを指摘させて下さい。2003年には良かったのですが、2004年、2005年には、主として平らになっています。そして、今年(2006年)、少し上がりました。しかし、過去2年半にわたり、十分に上がらなかったのです。」
「たぶん、いくつかの株は上がったでしょうが、全体の指数は上がらなかったのです。私は、今年遅くのいつか、もしくは、1年以内には確実に、アメリカは全体的なリセッション(景気後退)に入ると予想しています。結果として、株式市場で起こる悪いことを多く見るでしょう。私は、アメリカ株を買うつもりはありません。」

リンゼイ・ウィリアムズ
「それで、私たちは、商品(コモディティ)という杖(つえ)を頼りにするのですか?」

ジム・ロジャーズ
「そうです。もしあなたが何かを所有し始めるとしたら、私たちは皆すると思うのですが、所有するのは、商品、特に農産物の商品です。もし景気後退があれば、商品は下がるかもしれません。しかし、商品は、他のどのものよりも下がらないでしょう。そして、商品は、過去7年半にまさに上がったように、最初に上昇し始めるものになるでしょう。」

(出典)
・A Look Into Jim Rogers' Crystal Ball By Lindsay Williams 01 May 2006 at 09:38 AM EDT

posted by ジム・ロジャーズ | ジム・ロジャーズの言葉スペシャル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。