ジム・ロジャーズ氏の言葉ミニスペシャル・『もしも私が中国政府だったら、アメリカ国債を買うことを減らして行くだろう。』

ジム・ロジャーズ氏の言葉ミニスペシャルです。英文は、オリジナル翻訳しています。

(DailyMarkets Grace Chengによる電話インタビューで)

Exclusive Interview: Jim Rogers Says If He Were China, He Would Scale Back On Buying US Bonds
DailyMarkets.com:ジム・ロジャーズ『もしも私が中国政府だったら、アメリカ国債を買うことを減らして行くだろう。』

−あなたは、強制的清算(換金売り、手仕舞い売り)の期間が終わったと思いますか?それとも、まだ続いていると思いますか?
「私は、強制的清算の期間が終わったとは確信していない。それは、多くの資産クラスでまだ確実には終わっていない。おそらく、たいていの分野では終わっていない。いくつかの分野では終わるだろう。しかし、それは、後に続く長い道のりだ。」

−あなたは、アメリカ政府は、現在、大量の紙幣を印刷していると何度も言って来ましたが、あなたは、いつインフレーションが私たちを襲いにやって来ると思いますか?
「今、多くの分野で、インフレーションがある。原材料価格や不動産では、一時的なデフレーションになっている。しかし、歴史を通して見ても、巨額の紙幣を印刷したり、(外国から)借りた資金を費やしたりした時はいつでも、いつも高い価格になっている。何か劇的な変化がなければ、インフレーションは、再び起こるだろう。いつかはわからないが。もういくつかの分野で起こっている。最近、あなたが砂糖や何かを買ったかどうかは私にはわからないが、価格は上昇しており、インフレーションは続くだろう。そして、さらに悪くなるだろう。」

−あなたは、長期間、商品に強気であり、あなたは、最近、ロジャーズ国際商品指数のメタルセクター(RICI-M)を買ったと聞きました。あなたは、オバマ氏の景気刺激策はさらなる商品需要を創り出すと思いますか?
「もちろん、経済活動の回復を引き起こす何かの政策が、商品を含む何もかもの需要の回復を引き起こすだろう。つまり、あなたが橋を作りたければ、“あなたが事実上の橋を作ることができないもの”以外でそれらを作らなければならない。あなたは、“本当の橋”を作らなければならないということだ。」

−あなたは、長期にわたって“米ドル(USD)は、必ず失敗する運命の通貨だ。”と言って来ました。イギリスのポンド(GBP)に関しては、どうですか?
「(ポンド(GBP)は、米ドル(USD)よりも、)さらに失敗する運命にある。ポンドは、まもなく消失するだろう。もしもイギリスに北海(North Sea)(の油田)がなかったら、ポンドは、もうとっくに消失しているだろう。ポンドは、米ドルよりもさらに失敗する運命にある。イギリスは、26年間、石油の輸出国だった。しかし、次の10年間で、再び、石油の正味の輸入国になるだろう。そして、彼らは、石油が干上がれば、世界に対して売るものが何もない。」

−あなたは、中国はアメリカ国債(T-Bond)を買うことを減らしていくだろうと考えていますか?
「もしも私が中国政府だったら、アメリカ国債を買うことを減らして行くだろう。もしも私が諸外国政府であったとしても、アメリカ国債を買うことを減らしていくだろう。アメリカ国債は、事実上、何も利益をもたらしてはいない。しかも、米ドルは、欠陥のある通貨だ。インフレーションはやって来る。高金利もやって来る。私だったら、中国を含む諸外国はアメリカ国債を買うことを減らして行くだろうと考えている。どこかの国がアメリカ国債の規模を縮小したいから、急激な高金利時代がやって来るだろう。もしも中国でなければ、日本か韓国かはわからないが、(規模を縮小したいと思う)どこかの国だ。」

−あなたは、もう何年も中国株を買って来ました。今や、中国経済は、悪くなっています。輸出は、大きく減少しています。中国で、あなたが有望と見ているのは、どんなセクターですか?
「農業、水処理、発電開発、インフラ開発、観光だね。中国経済の多くの分野は、世界経済がどうなろうと、良くなり続けるだろう。ほかの多くは、苦しむだろう。例えば、ウォルマートに売っている者や、アメリカの小売業者は、苦しむだろう。それ以外は、世界がどうなろうと良くなるだろう。」

−最後の質問です。個人的なメモですが、あなたは、以前、幾度か行ったように、楽しみとして世界を周ることをできずに残念に思っていますか?
「いいや。私には、今や二人の娘が居るからだ。彼らは、どんなものよりもずっとおもしろい。いつか彼らと一緒に世界中を旅して周ることを、私は期待している。しかし、その時には、成長した彼らを見るのが、彼らの成長を手助けするのが、想像できる何よりも楽しいことだろう。」

(出典)dailymarkets.com
・Exclusive Interview: Jim Rogers Says If He Were China, He Would Scale Back On Buying US Bonds

ジム・ロジャーズ「中国の時代」
posted by ジム・ロジャーズ | ジム・ロジャーズの言葉スペシャル

ジム・ロジャーズの言葉ミニスペシャル 『Q&A with Investing Legend Jim Rogers』翻訳(2/2)

ジム・ロジャーズの言葉ミニスペシャルの続きです。

TIME誌による特別インタビュー:
『Q&A with Investing Legend Jim Rogers』(2/2)

−数年前から、あなたに投資銀行をショートし始めさせたものは、何だったのですか?
「私には、投資銀行がまやかしであることがわかっていた。ファニーメイは、四半期ごとに15%の成長など決してしていなかった。彼らは、巨大な量のデリバティブズ・ポジションを持っていた。しかも、彼らは、それが何であるかをよくわかっていなかった。私は、当時、テレビに出ていたのを思い出す。私は、人々に、“ファニーメイは(株価)ゼロになる!”と言っていた。みんなは言ったものだった。“お前は一体何を言っているんだ?”と。それは、ファニーメイの時も投資銀行の時も同様の反応だった。私はあそこに座っていて、“彼らの株価は、みんなたったの8(ドル/1株)になる!”と言っていた。ウォール街には、およそ1000万ドルの報酬をもらい、これが正常だと思っている29歳が居たのは、明らかだったからだ。私は、これが現実的でないということがわかるほど、十分な経験をしてきた。私は、依然として、投資銀行をショートしている。」

−あなたは、それらのショートポジションからどのくらい利益を上げたのか、数量化できますか?
「それは、すばらしい質問だが、答えるわけにはいかない。私は、アラバマ州のデモポリスという町で生まれ育った。そして、そこでは、私の両親と祖父母が、私にこう教えた。“お前は、いくらお金を持っているか、いくらかかったのか、いくら利益を上げたのかを他人に話してはいけないよ。”と。もしも私がそれを他人に話していたら、私の祖父母は、質素な墓の下で安らかに眠れないだろう。」

−世界金融危機はさらに広がっていくとあなたは思いますか?あなたは、別の来たるべき不安はあると思いますか?
「ああ、それは終わらないだろう。第二次世界大戦以来の最悪の経済状況がつづくだろう。それは、第二次世界大戦以来の最悪の超過を持ってしまったからだ。確実に、金融の世界では、政府がやっていることがある。まず、政府は、ミスを犯し続けている。1929年には、株式市場のバブルが破裂した。そして、それが、リセッションの引き金となった。しかし、その時、世界中の政治家たちは、多大なるミスを犯した。そして、ただの正常な景気後退から、大恐慌へと転換させてしまった。私は、政治家たちが、今、ミスを犯し続けているのがわかる。そして、これが、本来あるべき正常な景気後退から、さらにさらにさらに悪いもの(恐慌)へと変えてしまうかもしれないと恐れている。米連邦準備銀行も米財務省も、最近3ヶ月以内に、アメリカの国家債務を倍以上にした。(アメリカ人である)あなたと私は、いつかこの債務を払わなければならない。それは信じられないことだ。」

−あなたは、金融全体のシステムリスクに関して考えていませんね?もしも彼ら(米国政府)が、彼らのしたようなことをしなければ、物事はさらに悪くなっていませんか?
「リーマンブラザーズが、ポールソン(米財務長官)に電話するとき、あなたは、彼らが何を言うことを期待しているのか?“大変だ!私は、マセラッティや自家用飛行機の支払いについて心配しなければなりません。”(と正直に言うとでも思っているのか!?)いいや。彼らは電話して、悲鳴を上げて、“金融のシステムリスクが!”と言うだろう。いいかい。投資銀行は、何百年も破綻を繰り返してきたんだ。それでも、世界は、なんとかやってきている。投資銀行を救済するというこのアプローチは、絶対に通用しない。これは、1990年代に日本人がやったことだ。彼らは、どこかを破綻させることを拒否した。そして、彼らは、ゾンビー銀行にゾンビー企業を生き永らえさせた。金融システムがうまく行く方法は、我々が苦しい時を過ごして、資産を、無能な銀行から有能な銀行へ移すことだ。新しい力を持った有能なところがスタートし、そして、金融システム全体が生まれ変わることが出来る。」

−多くの洗練された投資家が、マーケットで多額の資金を失っています。普通の投資家が考えるべきことは何ですか?
「彼らは、彼ら自身が十分によくわかっているものだけに投資すべきなんだ。彼らは、私や他の誰かがしているものをリストしてはいけない。もしもあなたが車やファッションや何かに関して多くを知っていれば、あなたはその分野に大いなる投資機会がある。なぜなら、ウォール街やヘッジファンドマネージャーよりも、その分野に関してよく知っているからだ。あなたの好きだと言う情熱のせいでね。」

−それでは、もしも農民だけが、あなたの商品に関するアドバイスを聞くべきですか?
「我々は、みんな綿花について知っている。だれも、ドットコムが何であるかの手がかりを持っていない。しかし、我々は、みんなオレンジジュースについて知っている。あなたが毎朝、出勤する前に、あなたは、綿花や毛糸や絹やゴムやコメや小麦やトウモロコシやオレンジジュースやコーヒーや砂糖を用いるだろう。しかし、だれも、IBMに関して理解できる者はいない。IBMの最高経営責任者だって、IBMに関して完璧に理解しているとは言えない。そこには、何十万人もの従業員たちが居る。あなたが、綿花に関して調べなくてはならない全てのことは、綿花があまりに多いか、あまりに少ないかだけを明らかにすることだけだ。それは、実際にはたやすいことではない。しかし、それは、IBMやトヨタを理解するよりは、ずっとシンプルなことと言えないだろうか。」

−あなたは、最近、二輪のバイクに乗っていますか?
「いいや。がっかりするね。私は、10年ほどバイクには乗っていない。もしも今、二輪車があれば、私の娘たちに乗せるだろう。私は、他のことをしているだろうから。」

(完)

(出典)time.com
・Q&A with Investing Legend Jim Rogers

ジム・ロジャーズ「中国の時代」
posted by ジム・ロジャーズ | ジム・ロジャーズの言葉スペシャル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。