ジム・ロジャーズ講演セミナー情報・『ウェルスマネジメントフォーラム2009』 続報

11月6日、東京都新宿区厚生年金会館にて、ジム・ロジャーズ氏来日講演セミナー第二段『ウェルスマネジメントフォーラム2009』(主催:セミナーズ)が行われ、無事終了いたしました。この夜には、2000名にも及ぶ多くの人々が参加し、大盛況で終了いたしました。今回講演セミナーの内容は、直近のETF Securities主催のものと変わりませんが、講演内容・要点が非常によくまとまっているものをご紹介させていただきます。これで、首尾よく押さえることができるでしょう。

<ジム・ロジャーズ氏の講演内容 11月6日>

ウェルスマネジメントフォーラム2009
◎【講演】ジムロジャーズ@ウェスルマネジメントフォーラム(松田さんのブログ)
【講演】ジムロジャーズ@ウェスルマネジメントフォーラム

◎ジム・ロジャーズ氏セミナーの重要な質疑応答部分(海外投資で資産運用ブログ)
ジム・ロジャーズ氏のセミナー・Seminars主催

◎ジム・ロジャーズのセミナー
ジム・ロジャーズのセミナー

<ジム・ロジャーズ氏の講演内容 11月7日>

日経ヴェリタス&バークレイズ主催の「日経ヴェリタスフォーラム」主旨
◎ジム・ロジャーズ講演会メモ(雅さんの日記)
ジム・ロジャーズ講演会メモ

ジム・ロジャーズ「娘に贈る13の言葉」

posted by ジム・ロジャーズ | TrackBack(0) | 講演・セミナー情報

ジム・ロジャーズ講演セミナー『Global Dynamics and Commodity Investment with ETF Securities 2009』 続報

10月26日、東京都内にて、英系証券・ETF Securities主催のジム・ロジャーズ氏緊急来日講演セミナー『Global Dynamics and Commodity Investment with ETF Securities』が行われ、無事終了いたしました。風雨の天候にもかかわらず、多数の人々が参加しました。来日したロジャーズ氏への充実したインタビュー記事が多いので、まず、すべてご紹介いたします。そして、メインの今回講演セミナーの内容は、ポイントがよくまとまっているものがございますので、そちらを早くご紹介させていただきます。


<ジム・ロジャーズ氏への来日インタビュー>

◎金融危機から1年、日本の政権交代、日本に対する投資スタンス、関心を持つ投資先をロジャーズ氏が語る
聞きたい:米国人著名投資家、ジム・ロジャーズ氏

◎会場の参加者から上がった質問にロジャーズ氏が丁寧に返答する
ジム・ロジャーズ氏講演会−大橋ひろこコラム

◎日本円(JPY)と米ドル(USD)の行方をロジャーズ氏が語っている
当面は円高が続く=ドルの地位転落を懸念−米投資家


<ジム・ロジャーズ氏の講演内容>

ジム・ロジャーズ氏の講演趣旨
(1)これからの世界経済を変える可能性を持つ中国について学ぶこと
(2)自らの資産を守るために、米ドル(USD)から離れること
(3)コモディティへの投資は相対的に安全といえること

−中国について
「中国は共産主義経済といわれるが、その実態は、世界でもっとすばらしい資本主義の国といえる。中国人は日本を見習って勤勉であり、かつ、貯蓄や投資について熱心だ。中国は過去300年の衰退からの復興期を迎えている。」

−日本について
「人口動態が深刻な状況にある。日本のとりうる方針は、(1)子供をたくさん産む、(2)移民を大量に受け入れる、(3)生活水準を切り下げる−という3つ道があったが、日本は(3)番目を選んでいるようだ。これは大きな判断で、今、変えなければ、日本人は子供たちに明るい将来を語ることができなくなる。」

−日本円について
「日本円(JPY)については楽観している。当面は日本円の上昇が続く。しかし、円相場の中長期的な動向は、日本社会の高齢化や公的債務急増が解決されない限り、いつかは手持ちの円を売らねばならない。」

−米国について
「米国は史上最大の債務国となったにも関わらず、米国人の中にはドル安が良いことであると思っている人が少なからず存在し、中でも、米中央銀行が世界中に向かってドル紙幣をばら撒く政策を継続している。現在の米金融政策は、それこそ、木が一本も残らなくなるまでドル紙幣を印刷し続けようとしているようで、馬鹿げている。自らの資産を守ろうとするのであれば、米ドル(USD)から他の資産に移し変えるべきだ。」

−米ドルについて
「「基軸通貨としての米ドル(USD)は、終わりだ。いつかは分からないが、何か(別の通貨)に取って替わられるだろう。ドル暴落とは限らないが、来年か再来年には、何らかの通貨危機が起こるのは間違いない。」

−コモディティについて
「単純に需要と供給の関係で説明できる。原油、貴金属や穀物など、世界の備蓄が減少し、鉱山や油田の開発計画も滞っている。供給量が限られている中で、需要が増大していっているのであるから、自ずと価格は押し上げられる。経済成長に伴って13億人の人口を擁する中国で、1人あたり原油の使用量が増大すれば、それだけで原油の需要をどれほど押し上げるかを考えてほしい。世界のあらゆるアセットクラスの中で、コモディティはファンダメンタルズが改善している唯一のセクターといえるのではないか。」

コモディティのファンダメンタルズはポジティブ―ジム・ロジャーズ氏

◎ポイントがよくまとまっているブログ(質疑応答部分も重要)
ジム・ロジャーズの講演 ETFセキュリティーズ主催

〇以下、観覧者のブログ
ジム・ロジャーズ氏講演会
ジム・ロジャーズ in JAPAN
ジムロジャーズ氏のセミナーに参加して参りました


ジム・ロジャーズ「娘に贈る13の言葉」
posted by ジム・ロジャーズ | TrackBack(0) | 講演・セミナー情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。