ジム・ロジャーズ書籍・著作集2「冒険投資家 ジム・ロジャーズの世界大発見(単行本)」

ジム・ロジャーズ氏の2冊目の著作“Adventure Capitalist”の邦訳版の単行本です。

この本が出版された当時の日本は、まだまだ先の見えないデフレから脱却できない2003年でした。日本では、ジム・ロジャーズ氏の名前はほんのわずか聞こえていた程度です。世界情勢は激しく変化している。「また、自分の目で見に行かなければ。」ミレニアムを迎える1999年。ロジャーズは、また旅に出ようと決意します。バイクで成功した6大陸横断(ギネス記録)の冒険投資家が、今度は、特注の黄色い改造型ベンツで挑んだ世界116カ国・地球25万キロの自動車の旅。戦乱、砂漠、ジャングル、魔女、ロシアン・マフィア、遊牧民の家、ゾウの群れ、結婚、そして、イグアナ料理から5つゴキホテルまで、危険一杯、魅力たっぷりの痛快投資紀行となりました。訳者の林 康史氏曰く、“本書の最大の良さは、旅するジム・ロジャーズ氏とともに、あなたの部屋で、世界をじかに見ることができることです”と言っています。

冒険投資家 ジム・ロジャーズの世界大発見(単行本)


冒険投資家 ジム・ロジャーズの世界大発見(単行本)





種類:単行本
出版社:日本経済新聞社
発売日:2003/11/12


posted by ジム・ロジャーズ | 著作・書籍・DVD情報

ジム・ロジャーズ書籍・著作集1「大投資家ジム・ロジャーズ世界を行く(単行本)」

ジム・ロジャーズ氏の初めての著作“Investment Biker”の邦訳版の単行本です。

この本が出版された当時の日本は、まさに“失われた10年”の真っ最中の1995年でした。ほとんどの日本人は、まだ、あるアメリカ人の成功した元ヘッジファンド・マネージャーがバイクで世界一周旅行に出かけたなんて知る由もありませんでした。それが、ジム・ロジャーズです。ウォール街の情報端末には、世界中から、毎日、すばらしい情報が入ってくる。
「なんて世界は、自分のまだ知らない未知なることに溢れているんだ。」
「いつの日か世界中を旅して歩きたい。」
ジョージ・ソロスと運用に当たっていたクォンタム・ファンド勤務時代、調査担当のロジャーズは常にそう思っていました。その後、ヘッジファンドで一旗上げたロジャーズは、長年の夢と知的好奇心を満たすために、もう旅に出るしかありませんでした。そして、世界中の街や荒野をバイクで疾走し、一人の投資家である男が考えたこととは・・・。
「まだ、見たことのない地平線を見てみたい。」
人間なら誰しもそう思う、そんなロマンが、この本にはたっぷりと詰まっています。

大投資家ジム・ロジャーズ世界を行く (単行本)


大投資家ジム・ロジャーズ世界を行く (単行本)





種類:単行本
出版社:日本経済新聞社
発売日:1995/10


posted by ジム・ロジャーズ | 著作・書籍・DVD情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。