ジム・ロジャーズの言葉 2009年7月前半パート2 最新の言説

2009年7月前半パート2です。ジム・ロジャーズ氏の最新の言説は、次のとおりです。英文は、オリジナル翻訳しています。

(ラジオインタビュー Radio 4's flagshipで)

−アメリカ経済に関して
「もがき苦しむ銀行がもしも内部から崩壊すれば、政府によって救済されるよりはむしろアメリカ経済のためにずっと良い。まったく無能な人々に報酬を与えているというモラルハザードに加えて、日本型のL字型(=ガタンと落ちてなかなか回復しない)のリセッション(景気後退)が、今、結果として起こるだろう。私だったら、銀行を破綻させるだろう。歴史を通して見ても、人々は、破綻して来た。新しい人々がその資産を引き継ぎ、再出発していた。それが、世界がいつもうまく行って来た方法だ。それが、当然、うまく行く方法だ。しかし、今、彼らがしていることは、うまく行っていないし、これからもうまく行かないだろう。1990年代に日本がしたことを見てみなさい。彼らは、依然として、回復していない。19年経った今でも、だ。もしもあなたがウォール街やロンドンのシティーの友人たちを支え続け、救済し続ければ、彼らは、しばらくの間は幸福だろう。しかし、しまいには、それはうまく行かなくなる。もちろん、我々は、生き延びるだろう。あなたの習った経済史を振り返りなさい。歴史を通して、様々な金融のセンター街は、巨大な大災害に何度も見舞われていることがわかるだろう。しかし、結局、その国は、生き残っている。金融システムは、生き残っている。そして、しまいには、みんな暮らし向きが良くなっている。ガイトナー氏(現財務長官、元NY連銀総裁)は、一貫して、15年間、正しいことを何もして来なかった。彼の言うことを聞くよりも、ずっと価値のあることをした方が良い。アメリカ政府から莫大な資金を得てきた人々は、現在、さぞかし快適だろう。しかし、憶えておいて欲しい。そのすべての資金は、どこかからやって来たものだ。そう、アメリカ人は、それを借りなければならない。課税しなければならない。紙幣を刷らなければならない。」

−通貨危機に関して
「現在、世界中のすべての通貨が疑わしく、多くに“傷”(弱点)がある。今後、1〜2年のある時期に、通貨危機が発生するだろう。世界は、通貨の不均衡だらけだ。」

−通貨・英ポンドと米ドルに関して
「あなたが持っているどの英ポンド(GBP)も売りなさい。英ポンド(GBP)は、終わっている。(最近、ポンド/ドル(GBP/USD)が回復したとしても、)英ポンド(GBP)は、依然として、おそらく“傷付けられている”だろう。歴史を通して見ても、メジャー通貨は、それらの地位を失って来ている。つまり、ポンド(GBP)と米ドル(USD)は、両方とも、現在、ひどく欠陥のある通なのだ。それらは、一緒に下落していくかもしれない。」

−商品に関して
「私は、実物資産(real assets)が最良のあるべき場所だと思い続けている。なぜなら、そこが、不足が進展し続けているところだからだ。もしも世界が回復し、ガイトナー氏が言っているようにさらに良くなったとしても、その時、明らかに原材料が最良の利益を出すだろう。もしも世界がさらに良くならなかったとしても、依然として、一番利益を出すだろう。なぜなら世界中の政府が莫大な紙幣を刷っているからだ。歴史を通して見ても、これは高インフレーションを導いている。」

Moneynews: Rogers: America Bordering On Communism
マネーニュース:ジム・ロジャーズ『アメリカは、共産主義の境界にいる』

(Moneynews Street Talkで)

「ブッシュ(前大統領)の政策に戻れば、その政策は、今にも共産主義になりそうである。(共産主義者の)カール・マルクスは、今、墓の中で元気に立ち上がっているに違いない。それは、なぜかって?アメリカは、社会主義者になっている。おそらく多くの点で、もう社会主義国家だ。景気刺激策に関して言えば、ブッシュは、2つの政策パッケージを承認した。オバマ大統領は、一つをした。そして、第一の刺激策はうまくいかなかった。第ニの刺激策もうまくいかなかった。第三の刺激策もうまくいかなかった。彼らは、2年間に渡って、間違いを犯し続けている。何もうまくいかなかった。私は、これがうまくいくだろうとなぜ彼らが思っているかがわからない。これらのことは、物事をさらに悪くさせるだけだろう。日本は、1990年代に、膨大な景気刺激策を実行した。しかし、それは、日本ではうまくいかなかった。ただ、日本は、債権国だった。(日本でうまくいかないものは、)アメリカでもうまくいかないだろう。現財務長官のティム・ガイトナー、FRB前議長のアラン・グリーンスパン、ホワイトハウス経済アドバイザーのラリーサマーズ(元財務長官)は、昔、言ったものだった。日本は間違いをしていると。そのアプローチはうまくいかないだろうと。しかし、今、彼らは、正確にそれと同じことをやっている。紙幣の大量印刷は、歴史上、多くの国々で、何度も試されてきた。そして、その度に、それは、長期で決してうまくいかなかった。中期でも決してうまくいかなかった。時には、短期でさえ決してうまくいかなかった。紙幣の大量印刷は、急激で、深刻な問題を引き起こすだろう。その発行された通貨量には、驚いてしまう。彼らは、もうすでに莫大な量の資金を金融システムに注入した。FED(米連邦準備銀行)は、過去1年かそこらで、彼らのバランスシートの負債を3倍にした。米連邦政府は、彼らの負債を、4倍、5倍、6倍にした。なぜなら彼らは、ファニーメイやAIGや残りの莫大な負債を持つ金融機関群を引き継いだからだ。それは、今、私たちが責任を負っている。我々は、多くのことを知らされていない。」

(出典)investorschronicle.co.uk、bloomberg、newsmax.com
・投資家ジム・ロジャーズ氏:通貨危機は「今後1年」に発生の可能性
・Bank rescues impoverish us all - Jim Rogers
・Rogers: America Bordering On Communism

ジム・ロジャーズ「中国の時代」
posted by ジム・ロジャーズ | ジム・ロジャーズの言葉

ジム・ロジャーズの言葉 2009年7月前半パート1 最新の言説

2009年7月前半パート1です。ジム・ロジャーズ氏の最新の言説は、次のとおりです。英文は、オリジナル翻訳しています。

(ブルームバーグによる電話インタビューで)

−米ドル(USD)と準備通貨としての地位について
「来年(2010年)か、向こう2、3年以内に通貨危機があると予想する。対象通貨は、英ポンド(GBP)かもしれないし、米ドル(USD)かもしれない。米ドル(USD)の将来については、悲観的だ。米ドル(USD)は、信認を失っているからだ。私は、1年前に比べて、米ドル保有高を減らしている。」

−米国債について
「米長期国債(T-Bond)は、残された最後のバブルの1つになるだろう。」
「米債務急増が米資産の信認を低下させていることから、米ドル(USD)と米国債(T-Bond)が、ともに下落する公算が大きい。米政府は、紙幣を一段と増刷しており、さらに多くの借入金を借り入れている。これは、健全な通貨の基盤ではない。」
「米政府に30年間、3−6%の利子で金を貸すなどという考えは、私にとっては全く考えられない。私は、いずれ米国債(T-Bond)を空売りすることを計画している。」

−アジア投資について
「私は、世界のなかでアジアについてはその他の地域ほど悲観的ではない。世界の債権国は、現在、全てアジアにある。アジアの国々は、万が一に備えて貯蓄してきた。今が、その万が一の時だ。本当は持っていない資金を消費に回してきた他の(欧米の)国々よりも、アジアが受ける影響は小さいだろう。」

−商品について
「天然資源は、再び上昇するだろう。」
「金属は、今年(2009年)、株式よりも上昇してきた。」
「需給が改善している数少ない資産クラスの1つとして、商品価格が上昇すると予想している。」
「長期的には、ソフトコモディティが有望である。」

−現在、有望な株式は?
「私なら現時点で購入を検討できる株式は、スリランカ株だけだ。」
「保有している中国株は、これからの多くの年月、さらに保有し続ける計画である。2009年に中国株を売ることは、1909年にアメリカ株を売るようなものだ。私の娘たちは、2003年と2008年に生まれた。私は、自分が保有し続けた中国株を、彼女たちに渡すことを期待している。」
「2008年の第四半期に中国株を買い増して以来、今年は、全く株式を購入していない。」

−有望な通貨は?
「私は、最近、スイスフラン(CHF)を買った。」
「アジア太平洋地域の通貨では、オーストラリアドル(AUD)とニュージーランドドル(NZD)、そして、日本円(JPY)、シンガポールドル(SGD)、人民元(CNY)を買っている。」
「また、健全な通貨の内の一つは、カナダドル(CAD)だ。」

(出典)bloomberg、reuters
・Treasuries Are Little Changed Before Fed Purchases Notes Today
・Jim Rogers Sells Dollars, Plans to Short Treasuries (Update2)
・投資家ジム・ロジャーズ氏:ドル保有を縮小−米国債をいずれ空売り
・ジム・ロジャーズ氏:ドルを悲観−向こう2、3年内の通貨危機を予想
・円強含み、世界景気の先行き不透明感でリスク回避に圧力−G8警戒
・Jim Rogers says has no short positions, selling dollars

ジム・ロジャーズ「中国の時代」
posted by ジム・ロジャーズ | ジム・ロジャーズの言葉
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。