ジム・ロジャーズの言葉 2008年4月後半パート4 最新の言説

2008年4月後半パート4です。ジム・ロジャーズ氏の最新の言説は、次のとおりです。順次、追加していきます。

(CNBCによるシンガポールのジム・ロジャーズ邸におけるインタビューで)
(前回の記事のつづき 4回に分けて、結果的にほぼ全文翻訳いたしました。)

Q「あなたは、中東の資源切り売り現象に関してもまた見ていますか?中東にパワーはあり続けると思いますか?」

JR「かなり見ています。彼らは、資源を切り売りしている。だれも、多くのお金を、油田再構築や大きな新油田探査のために投資していません。石油はそこ(中東)にあるかもしれないし、私たちが見つけるかもしれません。私にはわからないけれど。」
「サダム・フセインは確実に(探査を)してこなかった。イラクは今でも確実にしていない。」
「サウジ・アラビアは、20年間、石油埋蔵量が2600億バレルあると言っている。その数字は、増えもしないし、減りもしない。」
「その期間に、何百万ドルもの、何十億ドルもの石油を生産し続けてきた。」
「あなたがもしサウジ・アラビアに行ったら、驚かなければならない。」
「これは一体どうなっているの?と。毎年、一列に、石油埋蔵量が2600億バレルあるとあなた方が言っていられるのは。」
「サウジ・アラビア曰く“信じるか信じないかはあなたしだい!”で、話は終わる。」
「彼らは、油田に人々を行かせないので、私は、サウジの油田に行ったことがありません。」
「しかし、サウジ・アラビア以外では、世界のどの産油国も、どの石油会社も、埋蔵量を減少させている。」
「誰かが行きやすいところに、多量の石油を早く発見しなければ、原油価格がなんと高止まりしているのか!なんと上昇するのか!に、驚きが集まるのです。」
「中東人は、多くのことをしているようには思えない。リビアは言っている。“我々は、石油会社を回復させるだろう。”彼らは、それを試み始めている。」
「多くの国々は、様々な期間にわたり、石油会社を国営化している。彼らは、資源を不当に利用したり、切り売りしたりする以外には、何かをする推進力や専門知識を持っていることを証明してきていない。」
「たとえそこに石油があったとしても、商業的に利用するまでには、時間がかかるのです。」
「我々の読むところから、サウジ・アラビアは、油田に多量の水を入れている。そして、それは、油田の生命を短くする。」
「我々は、読者に、原油は“買い”、資源は“買い”、商品は“買い”になる、と言ってきている。その方程式はごく単純で、世界は、資源が供給されるよりも4倍早く、荒っぽく資源を使いはたしているのです。とりわけ石油はそうです。」
「あなたが数百万年待たなければ、母なる自然は、すぐにいつでも作ることはできないのです。」

Q「インタビューを終える前に、あなたの人生で経験してきた、持ち続けてきた、あなたの成功(の秘訣)について教えて下さい。あなたが、あなたの望む人生を過ごすために、そして、精神を鋭く保つために持っているアドバイスは何ですか?」

JR「“あなた自身の情熱(=熱中できるもの)に従え!”ですね。それらが何であってもです。たとえそれらが人から嘲笑を受けるようなことであったとしてもです。あなた自身の情熱に従え!で良いのです。」
「情熱に従う人々は、起きませんし、毎日、仕事に行きません。彼らは、目を覚ますまで待つことはほとんどありません。彼らは、楽しんでいるからです。」
「彼らは、自分のしていることにとても興奮しています。だから、(仕事をしていても)仕事をしているわけではないのです。」

(完)

(出典)cnbc.com
・Jim Rogers: China's Economic Advance is All But Unstoppable

[ジム・ロジャーズ情報サイトへ]
当サイトの情報の流用と、翻訳記事の利用はやめて下さい。
posted by ジム・ロジャーズ | ジム・ロジャーズの言葉

ジム・ロジャーズの言葉 2008年4月後半パート3 最新の言説

2008年4月後半パート3です。ジム・ロジャーズ氏の最新の言説は、次のとおりです。順次、追加していきます。

(CNBCによるシンガポールのジム・ロジャーズ邸におけるインタビューで)
(前回の記事のつづき)

Q「石油がドルで支払われて以来、石油とドルは明らかに密接に関係付けられています。(アメリカの)敵のOPECメンバーは、もうすでに、ユーロや、他の通貨バスケットで原油代金を決済しています。このことは、歴史的にもう弱くなったグリーンバック(裏が緑なのでドルの俗名)の減退をさらに悪化させるのでしょうか?」

JR「そう。これはもう起こっている。イラン人、ベネズエラ人、・・アメリカ人の敵たち(笑)は、確実に、ドルのその問題を理解している。彼らはドルを利用しようとしている。いや、利用するやり方を見つけようとしている。それは続くでしょうね。」
「百年前、何もかもを、スターリング(ポンドの名称)で払っていた。でも、もうスターリングで決済していません。それと同じことがドルでも起こっている。」
「もう初期段階が起こっている。もうイラン人は、原油代金に日本円を得ている。ベネズエラ人は、スターリングで、ユーロを得ている。」
「これらの事の多くが語るように、ドルの問題は、さらに悪くなるように加速するでしょう。」

Q「ロシアが経済のシーンに登場して来る時に、あなたはどこを見ていますか?」

JR「いや、私はそうは思わない。ロシアは、崩壊し続けるだろう。ソビエト連邦は、もう15の国々へ崩壊したのですよ!」
「プーチンは、ペテルブルクと、モスクワと、いくつかの空港を動かしてはいるが、ロシアは、もはや単一民族国家のような国家ではない。」
「つまり、ソ連邦(の小国たち)は、124あった。“公式な数”は、124です。民族的にも、言語的にも、宗教的にも、歴史的にも、小国のグループとして。」
「それが、15の州へ崩壊した。終わるまでに、それは、50になるかもしれないし、100になるかもしれない。」
「次にウクライナが独立するかもしれない。その後、誰が独立するかは誰も知らない。おそらくロシアのどこか部分でしょう。」
「私(ジム・ロジャーズ)が間違っていると強く言う人には、このことへの反論として、チェチェン(共和国)について尋ねさせて下さい。」
「チェチェンは、コネティカット州ぐらいの大きさです。チェチェンには、150万人の人口があります。もしチェチェン人がチェチェンを扱えないとすれば、どうして、ソ連が、ロシアが、引き離れようとしているこれら他の場所を扱うことができるのでしょうか?」
「そこには、資本主義があります。しかし、無法者たちの資本主義です。あなたがマフィアの扱いをうまくできれば、一財産作れるでしょう。」
「あなたが大地にいれば、たいていの所では、彼らは、多くの天然資源を持っている。そしてそれは、莫大です。」
「彼らは、莫大な外貨準備も持っている。しかし、資源を切り売りしている。生産能力のあるほとんどの場所へ再投資していないのです。」
「彼らは、資源を切り売りしている。そこに知覚可能な巨大な量の原油が埋蔵されてあったとしても、ロシアの原油生産はピークに達している。」
「ほとんど何もかもがピークに達してくる。彼らは資源を切り売りしているだけで、(資源生産のために)再投資していないから。」
ロシア原油に関する記事(2008.04.18)⇒ロシアの原油生産ピークアウト
三菱UFJR&Cの原油レポート(2008.05.12)⇒ロシアの生産低迷と原油需給のひっ迫

(つづく)

(出典)cnbc.com
・Jim Rogers: China's Economic Advance is All But Unstoppable

[ジム・ロジャーズ情報サイトへ]
当サイトの情報の流用と、翻訳記事の利用はやめて下さい。
posted by ジム・ロジャーズ | ジム・ロジャーズの言葉
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。