ジム・ロジャーズの言葉 2008年5月前半パート3 最新の言説

2008年5月前半パート3です。ジム・ロジャーズ氏の最新の言説は、次のとおりです。順次、追加していきます。

(シンガポールにおけるインタビューで)

−通貨の動向に関して
「世界的な信用収縮を理由にキャリートレード解消のポジションをとっている。」
「キャリートレードの解消が起こるとの見方から、最近、スイスフラン(CHF)と円(JPY)を買っている。」
「キャリートレード解消の動きにより、豪ドル(AUD)とニュージーランドドル(NZD)が短期的に軟調になる。」
「上昇している米ドル(USD)は、投資家が高金利通貨をショート(売り持ち)する時、利益を出すであろう日本円とスイスフランを買うための機会である。」
「その2つの通貨は、両方とも、投資家がキャリートレードを減少させる時、利益になるだろう。」
「米ドルは上昇している。そして、それは、(これから)下落していく米ドルを戻り売りしたい人々にとって役に立つ。」
「そうやって物事が進んでいったとしても、私だったら、むしろスイスフランやアジア通貨を買うだろう。」
「私は、人民元(CNY)や、台湾ドル(TWD)や、シンガポールドル(SGD)や、そして、日本円(JPY)をさらに買い増ししたい。私が見ているこれら4つの通貨は確実である。」
「強い米ドルは、アメリカにおいて、しばらくの間、物事をより良く見えさせるだろう。」
「なぜなら、トウモロコシの価格が上がるからだ。綿花や、アメリカが持っている全ての原材料や、トウモロコシの価格は、アメリカを助けるだろう。」
(アメリカは、世界一のトウモロコシ生産者であり、世界第三位の綿花生産者でもある。)

−カンボジア投資に関して
「カンボジアは、多くの天然資源を有している。」
「カンボジアは、活力のある人口を有している。」
「カンボジアは、何らかの資産を有している。」
「彼らが抱えている何か試練を乗り越えたたいていの国々は、しばらくの間、かなり安全である傾向にある。なぜなら、彼らは、資金を調達しようとしているからだ。」

(出典)jp.msn.com、bloomberg.com
・キャリートレード解消見込み、円とスイスフランを買っている=ロジャーズ氏
・Rogers Says Dollar Rally Opportunity to Buy Yen, Swiss Francs
・Cambodia Draws Interest of Jim Rogers, Private Equity (Update1)

[ジム・ロジャーズ情報ブログへ]
当サイトの情報の流用と、翻訳記事の利用はやめて下さい。
posted by ジム・ロジャーズ | ジム・ロジャーズの言葉

ジム・ロジャーズの言葉 2008年5月前半パート2 最新の言説

2008年5月前半パート2です。ジム・ロジャーズ氏の最新の言説は、次のとおりです。順次、追加していきます。

(シンガポールにおけるインタビューで)

−原油価格に関して
「私の見解では、原油相場は、強気相場の中で150ドルを超え、200ドルにさえ達するのは確実である。」
「これは短期的な見方ではない。過去40年余り、大規模な油田は、世界のどこにも発見されていない。」

−商品相場の金(きん)や非鉄金属に関して
「金(きん)や非鉄金属の最近の下落基調が続くようならば、買い増す予定である。」
「金(きん)は、今、調整局面にある。1オンス=800ドルあるいは750ドルまで下落する可能性がある。」
「売買のタイミングを計るのは得意ではないが、金がさらに下落すれば買い増すつもりだ。」
「非鉄金属買いを考え始めている。まだ実際に買っているわけではないが、一部の非鉄金属はかなり下落している。」
「調整が続くようならば、恐らく“買い”を入れるだろう。」

−商品相場の農産物に関して
「数十年間あってきた中で、在庫が最も低いから、商品価格は上がっている。」
「人々は、需要と供給のファンダメンタルズがポジティブであり、うまく行っている商品相場に投資している。」
「あなたが強気相場に出会う時はいつでも、人々は、そこに彼らの資金を投資する。そこが、投資家を惹きつけるところだからだ。」
「たとえ需要が頭打ちしたとしても、あなたは強気相場に出会うだろう。なぜなら、供給は恐ろしく逼迫しているからである。」
「商品の供給収縮は、生産技術や、耕作地や、トラクターのような農業機械や、原材料や、種子や肥料に投資していないからである。」
「これらの要因が商品相場を強気相場にしている。そして、それは、2020年頃まで続くだろうと予測する。」
「農業は、今後10−15年間、世界で最も成長が期待できる産業の1つになるだろう。」
「ラボバンク(オランダの巨大農業金融機関)などの保守的な農業関連銀行は、“日の目”を見るだろう。」
「コメ価格については、供給が増えるまで一段と上昇する。」
「コメ相場は長い間、暗黒の時代に置かれてきたが、それでもインフレを控除した実質ベースでは、今よりも格段に高い水準にあった。」
「コメの在庫は、非常に低い。」
「コメ(の価格)は上がっている。それは、ヘッジファンドが資金をコメに投資しているからではなく、コメの在庫がないから、コメは上がっている。」
「最近は、コメ農家のなり手が不足している。」
「中国の若者は、30年にわたりコメ農家になるよりも、上海の新しい証券取引所や商品取引所を目指した。それは世界のほとんどの地域でも同じことが言える。」
「シンガポールは、アジアのコモディティ・トレードセンター(中心地)になる潜在力を持っている。」
「今現在、アジアにおいてコモディティ・センターはない。ほとんどのコメがアジアで植えられているのに、誰もがコメを買い付けにシカゴまで行かなければならないのは、ばかげている。また、スズ(Sn)がアジアで生産されているのに、誰もがスズ(Sn)を買い付けにロンドンまで行かなければならないことも、ばかげている。」
「シンガポールには、とても活気がある。独立した通貨がある。そして、外国資本と投資家に親近感を持つ独立した規制当局もある。シンガポールは全てを持っている。」
「私は、ここで、コモディティ取引の発展を確実に見そうである。シンガポール国際金融取引所(SGX)だったらできる。シンガポールは、人材を持ち、それを引き付ける能力があることに期待しよう。」
「ミャンマーにおけるサイクロンは、大変、恐ろしい悲劇だった。」
「しかし、それは、何もかもの価格がさらに高くなるということもまた意味している。なぜなら、ミャンマーはそれ以上生産できないからだ。」

(出典)bloomberg.com、asiaone.com
・ジム・ロジャーズ氏:金相場、一段安なら買い増す−非鉄買いも検討
・Rice Gains for Fifth Day on Myanmar Cyclone, Increased Demand
・Commodity prices raised by low stockpiles, says Jim Rogers

[ジム・ロジャーズ情報ブログへ]
当サイトの情報の流用と、翻訳記事の利用はやめて下さい。
posted by ジム・ロジャーズ | ジム・ロジャーズの言葉
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。