ジム・ロジャーズの言葉 2008年6月前半パート1 最新の言説

2008年6月前半パート1です。ジム・ロジャーズ氏の最新の言説は、次のとおりです。順次、追加していきます。

(シンガポールからのインタビューで)

−商品市況の原油価格に関して
「原油価格の上昇は、原油の確認埋蔵量が減少しているので、あと数年続く。」
「誰かが多くの石油を発見しなければ、原油価格は、1バレル=150ドル、ないしは、200ドルへと上昇する。」
「事実は、世界が原油の確認埋蔵量を使い果たしているということだ。」

−現在、ロング(買い持ち)している株式やセクターに関して
「私は、世界中の多くの航空株を買っている。株も社債も両方とも買っている。」
「あなたは、毎日、航空会社が彼らの運航能力を切り詰めているというニュースを読んでいる。」
「航空運賃が上がっている。つまり、みんな燃料コストが上がっているのを知っている。運賃上昇は、これをすべて調整している。」
「航空会社の倒産は、そのセクターがマーケットの底に近づいているかもしれないということを示している。」
「倒産は、マーケットの底のサインであって、マーケットのピークのサインではない。」

−現在、ショート(売り持ち)している株式やセクターに関して
「シティ・グループ、ファニーメイ(米連邦住宅抵当公庫)などを始めとする投資銀行株のETF(上場投資信託)をショートしている。」
「私は、すべての投資銀行の株をショートしている。」
「投資銀行は、すべて問題があることを知っている。それらの多くは、(損失隠しのための)偽の会計があることを知っている。」

−現在、購入している通貨に関して
「スイスフラン(CHF)、日本円(JPY)、中国人民元(CNY)を買っている。」

(出典)bloomberg.com
・Rogers Says the Crude Bull Market Has `Years to Go' (Update1)
・Northwest, United Gain as Airlines Cut Jobs, Capacity (Update1)
・Continental to Cut 3,000 Jobs, Ground 67 Jets on Fuel (Update1)

[ジム・ロジャーズ情報ブログへ]
当サイトの情報の流用と、翻訳記事の利用はやめて下さい。
posted by ジム・ロジャーズ | ジム・ロジャーズの言葉

ジム・ロジャーズの言葉 2008年5月後半パート1 最新の言説

2008年5月後半パート1です。ジム・ロジャーズ氏の最新の言説は、次のとおりです。順次、追加していきます。

−アメリカ株式の動向に関して
「私に関する限り、アメリカ株式市場は、依然としてあまりに高い。」
「いくつかの株は、大きく下落したが、全体の平均は、なんと6%しか下がっていない。」
「マーケットがさらに下落していないことに驚いている。」
「リセッション(景気後退)は、我々が長い間に経験してきたものよりもさらにずっと悪くなるだろう。」
「私は間違っているかもしれない。私が間違うのは、これが初めてではない。しかし、マーケットが間違うのもまた初めてではない。」
「アメリカ経済における最悪期は、まだ終わっていない。」

−通貨・米ドルに関して
「米ドル(USD)は、1年の残り半年にかけて上昇するかもしれない。」

−商品相場の金属セクターに関して
「亜鉛とニッケルは、50%下落した。」
「私は、再び、(投資用に)金属を注意深く見始めている。」
「インドと中国は、依然としてそこにある!」(=工業用金属の莫大な需要はなくならない)

−商品相場の農産物セクターに関して
「インドや中国のような巨大なマーケット人口は、食糧や他の生産品をさらに消費している。」
「バークレイズ農産物ファンド(Global Agriculture Delta Fund)の立ち上げ時に特に言う。」
「そのファンドは、穀物や材木を含む20の農産物商品の先物取引からなるロジャーズ国際商品指数農産物セクター(RICI-A)の成果に連動することで提供している。」
「農産物への投資(投機的事業)は、“商品セクターの中で最も約束された場所”である。そして、“その強気相場は、あと10年間続く”だろう。」
「商品価格の急騰は、別に驚くに値しない。なぜなら、世界では、農産物や、原油や、ガスなどの各セクターの新しい生産能力のために投資して来なかったのだから。」
「商品価格は、上がり続けるだろう。供給不足はさらに悪くなっている。一方では、需要は依然として強い。」
「アジアの経済成長は、依然としてかなり立ち直りが早くなっている。各国中央銀行が金利を上げてインフレを抑えようとしているのだが、高インフレーションは、アジア地域での消費を突然阻むだろう。」

−商品相場におけるインデックス・ファンドの影響に関して
「インデックス・ファンドは、人工的に、商品相場の価格を高進させたりはしない。」
「価格は上昇している。慢性の供給不足と、一方では、インドや中国のような国々の需要が高くなっているからである。」
「インデックス・ファンドは、商品相場の価格に影響している。しかし、それは、ファンダメンタルズが正しいからである。」
「石油がない。コメがない。食糧在庫は、過去60年間で最低である。」

(出典)istockanalyst.com、straitstimes.com、cnbc.com、fwi.co.uk
・Which Way Do You Feel Like Lurching, Mr. Market?
・Agri funds sprouting in S'pore as food prices soar
・Asian markets to fall next week on worries inflation will crimp growth
・Food commodity bubble driven by speculation

[ジム・ロジャーズ情報ブログへ]
当サイトの情報の流用と、翻訳記事の利用はやめて下さい。
posted by ジム・ロジャーズ | ジム・ロジャーズの言葉
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。