ジム・ロジャーズの言葉 2008年9月前半パート3 最新の言説

2008年9月前半パート3です。ジム・ロジャーズ氏の最新の言説は、次のとおりです。英文記事は、重要な要旨をオリジナルで翻訳しています。順次、追加していきます。

ブルームバーグ・テレビジョンとのインタビュー

−商品・商品市況全般と原油に関して
(今年(2008年)2Qに、商品価格は下落していることに関して)
「商品価格は、下落している。商品価格は、実際のところ、大きく下落している。それは、マーケットではよく起こることだ。」
(OPEC(石油輸出国機構)議長は、メンバー国に生産調整をするようにしているのは、コンプライアンス上問題があることに関して)
「私は、OPEC(石油輸出国機構)には、注意を払っていない。彼らは、マーケットをコントロールしていない。彼らは、お互いに言うことを聞かない。そして、市場の残りの人たちも彼らの言うことを聞かない。それゆえ、OPECには注意を払っていない。」
「例えば、原油の強気相場は、1999年に始まったが、その後、9年間に、原油相場は、40パーセントも50パーセントも下落している。すべての懐疑論者は、私に言っていた。“見なさい。これは、原油の強気相場ではないとあなたに言ってきた。”と。しかし、毎回、回復して、さらなる高値を出し続けている。」
「原油は、50パーセントも下落するはずだ。これは予想値ではないが。これは、いかにマーケットがうまく動いているかを示しているに過ぎない。」
「原油価格を1バレル=75ドルへ行かせることを止めるものは何もない。しかし、誰も新しい原油を発見していないから、それは、強気相場の終わりではない。」
「(しかし、)世界的なリセッション(景気後退)が起これば、原油の需要に影響を与えるだろう。」
「世界的なリセッションが長く続くだろうと言うのであれば、私は、株式を所有するよりも、むしろ商品を所有することを薦める。なぜなら、リセッションの間、株式は大きく下落するからだ。」

−現在の投資先に関して
(現在、ロジャーズ氏が投資している主要投資先は何ですか?と聞かれて)
「私は、商品(コモディティ)を所有している。今日、世界中で金融が崩壊し、商品価格が下がる度に、商品を買っている。」
「今日下落していない、あなたが資産を作っていない唯一のものは、ショート(売り持ち)である。私は、ショートで資産を作っている。しかし、航空株では、ショートしていない。信じようと信じまいと、多くの金融の状況は、崩壊しているからだ。」

−所有している通貨・オセアニア通貨に関して
「オーストラリア・ドル等が下落しているのは、部分的である。それは、キャリートレード巻き戻しが起こっているからだ。」
「思い出して欲しい。多くの日本人は、円を売り、オーストラリア・ドル(AUD)とニュージーランドドル(NZD)のような高金利通貨を買っていたことを。これらの通貨は、キャリートレードの恩恵を受ける2つの通貨だ。」
「オーストラリア・ドル(AUD)は、キャリートレード巻き戻しが終われば、回復する可能性が高い。オーストラリア・ドル(AUD)とニュージーランドドル(NZD)については、依然として魅力的な投資先である。」
「私は、まだ豪ドル(AUD)を保有している。私は、それを売ろうとは考えていない。私の見方が正しければ、キャリートレード解消の動きはしばらく続くが、永遠には続かないからだ。長期的に見れば、豪ドル(AUD)とNZドル(NZD)は、依然として世界的にも魅力ある通貨だ。」

−他の所有しているアジア通貨に関して
「私は、他の通貨よりも、むしろ人民元(CHY)を所有したい。中国政府は、しばらくの間、人民元(CHY)を下げさせようとしている。彼らは、おそらく成功するだろう。しかし、人民元(CHY)は、人ができるさらに良い投資先の内の一つだ。」
「シンガポールドル(SGD)は、私が所有している別の通貨である。瞬間、瞬間には買っていないが。私は、これらの通貨を“キャリートレードの犠牲となった通貨”として注視している。」

−通貨・米ドル(USD)に関して
「ドル(USD)相場が引き続き上昇するのを待っている。そうすれば、ドル(USD)を売ることができる。ドル相場は確実に反発しており、長期にわたって上昇するだろう。ドル相場はかなり下げていたため、数週間か数カ月、あるいは1年間ほどにわたって回復する可能性がある。」

−通貨・香港ドル(HKD)に関して
「香港当局は、香港ドル(HKD)の米ドル・ペッグ(連動)制を廃止すべきだ。」
「香港ドル(HKD)の米ドル・ペッグ制が廃止されれば、香港ドル(HKD)は安くなり、域内の事業にとってより効果的となる。」
「香港当局は、将来的に香港ドル(HKD)を廃止し、中国人民元(CHY)を採用すべきだ。」

−他の投資先に関して
(何か他に投資している投資先はありますか?との問いに)
「私は、夏の間、今、しばらくの間に航空株を買っている。航空株、人民元、スイスフラン、日本円を買っている。それらのいくつかは、うまく行っており、いくつかはうまく行っていない。今なら、ロング・サイド(買い方)に居るよりも、ショート・サイド(売り方)に居る方が、さらに良いだろうけどね。」
「円(JPY)やスイス・フラン(CHF)など、“キャリートレードの犠牲となった通貨”を購入している。」
「インドなどの新興市場には、今、投資していない。」
「インドでは、水道事業、農業、観光業界が魅力的だ。」

(出典)bloomberg.com
・ジム・ロジャーズ氏:香港は米ドル・ペッグ制を廃止すべきだ
・豪ドルとNZドルは魅力的、キャリー取引解消後は回復へ-ロジャーズ氏
・ロジャーズ氏:ドル相場は「長期にわたって」回復へ−豪ドルなど買い
・ジム・ロジャーズ氏:インドなどの新興市場には今、投資していない
・Australia, N.Z. Dollar Still Attractive, Rogers Says (Update1)
・Investor Rogers Says Dollar Has 'Ways to Go' (Transcript)

ジム・ロジャーズ「中国の時代」
posted by ジム・ロジャーズ | ジム・ロジャーズの言葉

ジム・ロジャーズの言葉 2008年9月前半パート2 最新の言説

2008年9月前半パート2です。ジム・ロジャーズ氏の最新の言説は、次のとおりです。ほぼ全文をオリジナル翻訳しています。今日は、ちょっと注意事項があります。当サイトの翻訳記事の引用に関してですが、引用元(当サイトへのリンク)を表記した上での敬意のある引用は、個人サイト・投資系サイトに限り、許可いたします。しかし、引用元(当サイトへのリンク)を表記しない引用や敬意の全く見られない引用は許可しません。また、後日、管理者が不適当と判断した場合の引用も許可しません。ひどい場合は、その投稿者を「アクセス禁止」にします。昨日、そういう気の毒な事例があったことを報告しておきます。

CNBC:US Is "More Communist than China": Jim Rogers
ジム・ロジャーズ『アメリカは、“中国よりもさらに共産主義者”だ。』

(CNBCのテレビ・インタビュー"Squawk Box Europe"で)

「ファニーメイとフレディマックの国有化は、アメリカが現在の中国よりもさらに共産主義者であることを示している。しかし、その社会主義のブランドは、金持ち(ウォール街)のためだけに意味をなしている。」
「アメリカは、現在、中国よりもさらに共産主義者である。あなたは、まさにファニーメイとフレディマックを救済したということが、金持ち(ウォール街)のための社会福祉、金持ち(ウォール街)のための社会主義であるということがわかる。」
(FED(米国連邦準備銀行)によるかつてないほどの最大の救済を打ち出したアメリカ政府の決定の後、米国株式市場は急上昇した。)
「これは、狂気だ。まさに狂気だ。政府は、無能で悪党な一派がたったある週の週末に、アメリカの国家債務を倍以上にした。この救済のために、なぜ私や他の誰かが支払わなければならないのかがまったくわからない。」
(一連の救済報道を受けて、欧州株は、金融セクターの銀行株を筆頭に、急上昇した。)
「あなたは、多くのファニーメイ株やフレディマック株を保有していたどの銀行株にも大きな急上昇を確実に見るだろう。なぜなら、それらは、突然破綻する心配をする必要がなくなったからだ。」
「世界中の銀行株は、どんどん上昇する。彼らは、すべて救済されるからだ。あなたは、カンザス州の持ち家所有者がどんどん上昇するのを見ない。彼らは、救済されていないからだ。」
「アジアや欧州のマーケットで上昇しているにもかかわらず、ファニーメイとフレディマックを引き受けるという政府の決定は、マーケットにさらなるボラティリティを引き起こし、投資家たちに注意深い熟考を必要とさせている。」
「動いているバスに飛び乗るのは、めったに良くない。現在、あなたは、多くのバスが動いているのを見ている。来週から、いかに銀行株が上昇するかの様子を見ながら、私は、さらにアメリカの投資銀行株をショート(売り持ち)するかもしれない。しかし、そうならなければ、私は、じっと座って見ているだけだろう。」
「アメリカの債券をショート(売り持ち)している。これらの債券は、商品市場が上昇している間は、下落しそうである。政府がスポンサーになった企業は、彼らの帳簿上で、良い貸付(ローン)先を持っていない。なぜなら、“みんなは、良いもの(貸付先)を取ってしまい、悪いもの(貸付先)は、ファニーメイとフレディマックの上に投棄している”からだ。」
「米国財務省プランによると、2010年から、ファニーメイとフレディマックは、納税者のリスクを減らすために、2500億ドルになるまで、彼らのポートフォリオ(金融資産構成)を1年に10パーセントの割合で圧縮させるだろう。しかし、これは、住宅市場にさらなるプレッシャーを与えてしまうかもしれない。」
「住宅価格が下落し続けるのは、確実だろう。住宅ローンを使うのは、ますます困難になってゆくだろう。これらの問題を解決するために、投資家たちは、彼らの希望を今年(2008年)の大統領選に留めるべきではない。両候補者とも、問題の解を見つけられそうにはない。これは、大変、ものすごくやっかいなことになっている。両候補者とも、来年、何をすべきかという手がかりを持っていない。ものすごくやっかいなことになるだろう。」

(完)

(出典)cnbc.com
・US Is "More Communist than China": Jim Rogers

ジム・ロジャーズ「中国の時代」
posted by ジム・ロジャーズ | ジム・ロジャーズの言葉
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。