ジム・ロジャーズの言葉 2008年11月前半パート3 最新の言説

2008年11月前半パート3です。ジム・ロジャーズ氏の最新の言説は、次のとおりです。オリジナルで翻訳しています。順次、追加していきます。

(韓国・ソウルの投資家会合で)

−世界市況・株式市場に関して
「世界経済の問題は、2010年まで継続する可能性がある。」
「西欧で今起こっていることは、政府が有能な人々から資産を取り去り、無能な人々へ資産を与えているということだ。」
「アメリカとヨーロッパの株式は、どんな歴史的な株式評価メソッドを持って見たとしても、依然として、高過ぎる。」
「西欧諸国の株式は、あと数年間、一定のレンジ内で上下するだろう。」
「私は、いろいろなマーケットに戻って来始めている。しかし、そのことは、マーケットが底であることを意味していない。」
「我々は、株式市場の底を打ちつつあるかもしれない。しかし、それが底であるのかどうかはわからない。」
「あなたは、株式が商品よりもさらにずっと下落してきたのがわかるだろう。私に関する限り、それは、続いて行くだろう。」

−アジア・韓国に関して
「アジアは、資金が今ある場所である。ロンドンやニューヨークなどの以前の金融センター(中心地)の地位は、低下している。韓国が持っている偉大なる成功物語が目の前にあるにもかかわらず、重い規制が韓国を台無しにしてきた。」
「韓国には、いくつかの利点がある。この国は、4500万人を超す人口がある。私の見方ではプラスだ。人々が思うよりもずっと早くに、北朝鮮と韓国は統一されるだろう。北朝鮮の天然資源と安い労働力は、韓国の資本的な強みと相乗効果を生むだろう。もしも私が正しければ、韓国は、とてもとても躍動的な場所である。」
「また、そのロケーションは、中国国境と隣接した正面にあるので、韓国に優位な競争力を持たらしている。」
「私は、アジアの重大な金融センターになれるほど、日本が変化しているとは見ることができない。」
「私は、中国は通貨(人民元(CHY))をブロックしており、また、あまりに多くの規制があるので、アジアの金融センターになるとは思えない。」

−商品市況・全般に関して
「商品は、世界的な資産の清算が進む中、ファンダメンタルズ(需給関係)は“損なわれていない”ため、依然として、好ましい投資先である。」

−中国経済に関して
「中国の景気刺激策は、確実に、電力や水関連産業などを含むいくつかの産業に影響を及ぼすだろう。」
「他の産業は、引き続き、アメリカの今後の展開の影響を受けやすい状況が続いていく。」
「中国経済のいくつかの部分は、西欧諸国のリセッションの影響を受けるだろう。そして、中国経済のいくつかの部分は、うまく行くだろう。」
「その問題は、中国経済のいくつかの部分が西欧諸国の経済に縛られているということである。」
「中国人は、彼ら自身を“共産主義者”と呼んでいるが、彼らは“世界でも指折りの資本主義者”だ。彼らは、朝早くから晩まで働き、収入の35パーセント以上を貯蓄に回している。アメリカ人の場合は、貯蓄は、収入のたった2パーセントだ。」
「私があなたにできる最良のアドバイスは、あなたの子供や孫たちに中国語を習わせなさいということだ。それは、彼らの生涯で最も重要な言語になるだろう。」

−現在、購入している銘柄に関して
「私は、農産物商品を買っている。」
「私は、10月中旬以降、商品の他には、中国株と台湾株を買っている。」
「私は、韓国株もまた買っている。」

−債券市場に関して
「私の見方では、債券市場はピークに達している。債券は、次の10-20年間、投資先として恐ろしい場所となるだろう。私は、債券をショートしている。」
「世界の各国政府は、彼らの拡張した費用を返すために、莫大な量の国家債務を出すだろう。」
「インフレーションは、増加した通貨供給量のせいで、加速して行くだろう。」

(出典)bloomberg.com、koreatimes.co.kr、chosun.com
・Global Stock Market Rout May Continue, Rogers Says (Update1)
・Global Stock Market Rout May Continue, Rogers Says (Update2)
・ロジャーズ氏:株式相場はさらに下落へ−経済問題は10年まで続く
・ジム・ロジャーズ氏:世界の市場、依然「底値」には達していない
・Mundell Sees 1,300 Won per Dollar Too High
・World Financial Experts Meet in Seoul

ジム・ロジャーズ「中国の時代」
posted by ジム・ロジャーズ | ジム・ロジャーズの言葉

ジム・ロジャーズの言葉 2008年11月前半パート2 最新の言説

2008年11月前半パート2です。ジム・ロジャーズ氏の最新の言説は、次のとおりです。オリジナルで翻訳しています。順次、追加していきます。


−商品市況・全般に関して
「現在の下降局面は、進行中の長期にわたる強気相場の調整局面に過ぎない。なぜなら、良質な商品への潜在的なファンダメンタルズは、依然として健全であるからだ。」
「もしも商品の強気相場が10-15年続けば、私は幸せになるだろう。」
「私には、現在の下降局面がどのくらい長く続くかはわからない。しかし、おそらく1年か2年は続くかもしれない。商品は、今のところ、金融危機の結果を決定づけようとしている。」

−商品市況・農産物
「私は、特に農産物商品へ投資している。世界の農家は、富裕になるだろう。彼らは、好ましい潜在的なファクターを与えられている。」
「例えば中国やインドのような国々における中産階級の急速的な増加は、農産物への需要で重要な役割を演じている。彼らは、さらに食べることを増やすだけでなく、例えばさらに肉食をするなどの先進国の生活パターンへ切り替わる傾向にある。」
「昨年、中国一国における中産階級は、約3000万人増加したと推計されている。そして、それは、電化製品や高価な衣服、宝石、自動車などなどへの莫大な国内需要を生む。中国は景気減速を期待しているけれども、それにもかかわらず、9%の経済成長率になる予測である。」

−現在の金融政策に関して
「私は、凍えた金融市場を助けるための何兆もの流動性を創造している西側諸国の現在の政策に関して、懐疑的である。」
「日本は、ゾンビー企業を生きながらえさせるために、15年間も苦労してきた。」
「もしも自然と終わるリセッション(景気後退)を許容していれば、新しく繁栄した企業に置き換えられて、そのようなゾンビー企業は、経済の場面から消失するだろう。」

−投資家へのアドバイスは・・
「みんなは、アメリカやどこかにおける現在のリセッションを避けるようにしなさい。巨大なスケールで過剰に通貨を創造していることは、単純に、自然と終わる経済の揺さぶりを許容した場合よりも、さらにコストのかかることになるだろう。」
「世界は、巨大なインフレーションの波に立ち向かわなければならない。引き起こされるであろうそれらの問題は、現在、経験している金融危機よりもさらに深刻なものになるだろう。」
「現在、下落している商品価格をとても心配している投資家に対しては、“状況が安定化するまで待ちなさい”とアドバイスする。」
「普通の投資家に対しては、インデックス(指数)への投資を推奨するだろう。それらは、最も安全である。その理由は、ポートフォリオ・マネージャーの80%は、インデックス(指数)を打ち負かすことができないからだ。」

(出典)miningmx.com
・Commodities: don't panic!

ジム・ロジャーズ「中国の時代」
posted by ジム・ロジャーズ | ジム・ロジャーズの言葉
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。