ジム・ロジャーズの言葉 2008年11月後半パート2 最新の言説

2008年11月後半パート2です。ジム・ロジャーズ氏の最新の言説は、次のとおりです。さて、今日は、今月すでに紹介した言説と全く同じ内容の部分は省略して、日本語で報道されていない部分に目を向けて見ましょう。それは、新興国市場に関してのものです。英文はオリジナル翻訳しています。

CNBC:Dollar's Days Numbered; Buy Commodities: Jim Rogers
の中で、原油に関する発言があるのですが、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ほとんどどの産油国も原油埋蔵量を減少させている。」
「私は、特に強調するのだが、原油探査を前へ進めるために、キーとなる大陸としてアフリカがある。」
と言っており、減少する原油埋蔵量への問題の突破口は、アフリカにあると言っています。この点は、特に重要でしょう。また、別ソースと過去には、
「アンゴラは、ナイジェリアをしのいで、今、1年か2年の内に、アフリカ最大の産油国になるだろう。タンザニアもまた劇的に良い変化をしている。」
「私は、アンゴラについてはとても興奮している。私が自身の投資経歴や歴史から学んだことの一つは、“長く残酷な戦争が終わる時、もしもあなたがそこに行けば、あなたは一財産作れるだろう”ということだ。私は、確実にそこに行くつもりである。そこには、原油があり、ダイヤモンドがあり、農産物がある。人口は、1000-1200万人くらいしかいない。とてつもない投資機会を持った美しい国である。」
「私は、タンザニアについてはとても楽観的である。旅行者として行けば、あなたが得たい何もかもがある。最良の野生生活、最良のゲーム、ザンジバル島、ビーチ、キリマンジャロ山・・などなど。それは、すごい!その国は、展望が開けている。その国は、数十年間、(政治的には)望みのない社会主義のイメージキャラクターであった。しかし、今は違う。その誤りに気づいている。その国のリーダーは、我が国は変化していると言っている。私は、それらが意味をなすかどうか、数年間、見ていることにしている。」
「アフリカは、次の10-20年間には、さらに物事が良くなっているであろう。彼らは、多くの天然資源を持っている。しかも強気相場にある商品というものを!」
などと発言しています。

新興国各国に関するものは、最近、
(UK Independent):Jim Rogers on emerging markets
の中で、ロジャーズ氏は、次のように発言しています。

−新興国株式市場についてはどうですか?
「私は、(中国株以外の)すべての新興国市場の株式は売ってしまった。なぜなら、新興国市場を探し回って、航空機で世界中を飛び回っているすべてのMBA(経営学修士号)たちがすでにいたからだ。(=こういう場合は“時すでに遅し”である。)新興市場は、すべて、彼らにむしり取られているだろう。私は、今、まさに座って(投資対象を)じっと見ている。なぜなら、強制的な清算(手じまい売り)の期間だからだ。これらの新興国株式市場のいくつかは、それらがあるべき水準よりもさらに下落するだろう。なぜなら、それらは、本来あるべき水準よりもずっと上がり過ぎていたからだ。」

−あなたのウォッチリストには他に何がありますか?
「台湾株は、新しい候補の内の一つだ。私は、生涯で、以前は決して台湾株を買わなかった。しかし、今、台湾は平和であるからである。これまでの中国とその小さな独立主義者の隣人(=台湾のこと)頻繁な緊張関係と比べて。」

−朝鮮半島についてはどうですか?
「2つの朝鮮(韓国と北朝鮮)は、多くの人々が考えるよりもずっと早くに統一されるだろう。」

−ミャンマー(旧ビルマ)についてはどうですか?
「ミャンマーは、下劣な政治体制にもかかわらず、開放政策を取り始めた。そこには、7000万−8000万人の訓練と教育をされた人々がいる。多くの天然資源がある。そして、その国は、中国とインドの間の正面に位置している。それよりも良いロケーションなんてあるだろうか?」

−アフリカについてはどうですか?
「アフリカには、莫大な投資機会がある。もしも私が6人いたら、その内の2人は、今、アフリカにいるだろう。アンゴラは、ナイジェリアをしのいで、今、1年か2年の内に、アフリカ最大の産油国になるだろう。タンザニアもまた劇的に良い変化をしている。」

−ロシアについてはどうですか?
「ロシアは、“技術”と“資本”をロシアの外部から得ている。また一方で、中国は“資本”を注入し、“技術”を中国へ持ち帰っている。(そこがロシアとは決定的に違う。)中国人たちは、いつもそういう機会をうかがっている。ロシアでは、その問題をわかっている。そういうことで、私は、現在、ロシアへ1銭たりとも投資するつもりはない。また、ロシアの商業に関する政治問題化は、彼らの偉大なる資産、莫大な天然資源から注意をそらしている。それは、嘆かわしい。」

(出典)↑各リンク先を参照のこと

ジム・ロジャーズ「中国の時代」
posted by ジム・ロジャーズ | ジム・ロジャーズの言葉

ジム・ロジャーズの言葉 2008年11月後半パート1 最新の言説

2008年11月後半パート1です。ジム・ロジャーズ氏の最新の言説は、次のとおりです。順次、追加していきます。英文記事は、オリジナル翻訳しています。

−世界市況・金融危機に関して
「金融危機対策、日本方式ではダメだ。」
「90年代の日本政府は、企業倒産を強引に防ごうとして、救済策を発動した結果、もはや生命力を失った銀行や企業の“しかばね(zombie)”を大量に生み出した。」
「“倒産させるべき企業は倒産させる”ことが肝要で、経済システムさえ正常ならば、困難な状況であればあるほど、資金を、無能な企業から有能な企業に向かわせることができる。」
「米国政府も日本と同様の過ちを繰り返そうとしている。それでは、金融危機が長引いてしまう。」
「金融危機は、オバマ次期大統領にも原因がある。オバマ氏は、これまで、保護貿易政策とキャピタルゲイン税の引き上げなどを打ち出してきた。」
「歴史を振り返れば、保護貿易主義は災難を巻き起こしてきている。金融危機の原因の一つは、市場がオバマ氏当選を予測したことにもある。」
「これまでのオバマ氏の発言は、選挙対策にすぎなかった。市場の状況を観察することにより、当選したオバマ氏が保護主義のもたらす結果を悟る必要がある。」

−商品市況・全般
「経済不安に直面して、商品価格は、どんどん上昇するだろう。次の10年を超えて、世界の誰もが、商品について話すようになるだろう。」
「商品市場は、需要を牽引しているアジアの需要がある一方で、供給の減少を経験するだろう。たとえ供給が減少したとしても、需要が高止まりしているので、経済不安の間中、商品市場は活気付くだろう。」
「商品の強気相場は、10-12年間、続くだろう。歴史を振り返れば、強気相場は、18-20年間、続いている。商品の強気相場は、2020年には終わることを期待している。しかし、それは、何の保証もない。」

−商品市況・原油に関して
「原油市場は、供給の抑制に直面するだろう。現在の調整局面を経て、原油などの価格は反転上昇すると予測する。」
「原油価格は、再び、1バレル=100ドルを打つだろう。しかし、それは、来年ではないかもしれない。」
「しかし、それは、強気相場の間に、1バレル=100ドルを超えて再上昇するだろう。」

−中国株で推奨できるセクターに関して
「21世紀は、中国の世紀である。しかしながら、現在、中国は経済発展の歩みを進める上で、調整期に入ったと考えている。この種の調整期は、投資家にとっては、絶好の投資機会になりうる。そのチャンスを捉えなければならない。」
「有望なセクターは、以前に言ったことと同様であるが、今後20年間は、農業とその関連分野が投資家に絶好のチャンスを与えるだろう。また、この不況時にあっても、電力関連とアジア観光は期待できる。現在も中国株を買い続けている。韓国企業も1銘柄を買った。」
「中国株を手放す気はない。5歳になる娘がいるが、大人になったら、譲るつもりだ。中国株は、長期投資の対象としている。」
「金融危機による世界経済は後退しているが、中国A株には、まだチャンスがある。中国A株は、昨年10月の高値時と比べても75−80%下落している。今後の市場も引き続き調整が加わるはずだ。投資家は十分にこのチャンスを生かすべきである。」

−中国株で推奨できないセクターに関して
「金融危機が激しさを増すほど、中国の一部の不動産デベロッパーは倒産の危機に陥る可能性がある。不動産株の購入はリスクが非常に大きい。」

−有望な投資対象・アフリカに関して
「アフリカは、商品投資のための多くの機会がある大陸である。」
「中国は、正しい考えを持っていた。そして、アフリカの天然資源を買い占めながら、最近、10年間を行動してきた。」
「私にとって、さらにこの先があれば、私は、アンゴラ、エチオピア、ボツワナ、タンザニア(への投資)で終わるだろう。」

−債券市場に関して
「世界的な市場の動揺は依然継続しており、今後10年の債券市場は厳しい状況となるだろう。」
「現在、全世界の金利水準が低すぎるため、債券投資は非常に不利である。今後10−20年の間に、債券市場は落ち込みを見せる。」

(出典)yahoo.co.jp、energyrisk.com
・ロジャーズ氏「中国は調整期、農業関連で絶好の機会」
・ロジャーズ氏「中国A株はチャンス、不動産株に興味なし」
・ロジャーズ氏「金融危機対策、日本方式ではダメだ」
・ロジャーズ氏「金融危機はオバマ次期大統領にも原因」
・Commodities will boom despite downturn, says Jim Rogers

ジム・ロジャーズ「中国の時代」
posted by ジム・ロジャーズ | ジム・ロジャーズの言葉
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。