読者の方からの情報 (081204)

Tさん

こんにちは。情報をありがとうございます。
教えていただいた「連山」の記事ですが、この元記事(ソース)は、Bloomberg Worldwideの中にあります。

・Rogers Says Dollar to Be `Devalued,' Buys Commodities (Update2)

この英文記事は、Bloombergで翻訳され、Bloomberg 日本語版では、次の記事に該当しています。

・ロジャーズ氏:ドルは「下落」へ、米国はドル安志向−円と商品は買い

ですから、主要な意味をすぐに取りたい場合は、この日本語版を読むのが一番早いかと思われます。

また、当サイトでも、既に現在の記事の中の「通貨・米ドル(USD)に関して」という項目にもれなく採録してありますので、より意味の広がりがわかるように読めるようにしています。また、その出典の中に、当該記事のリンクはありますから、ワンクリックで別窓が開き、そこから参照できるようになっています。

この度は、情報をお寄せ下さいまして、大変ありがとうございました。また、情報があれば、ぜひお寄せ下さい。

どうぞよろしくお願いします。
posted by ジム・ロジャーズ | ジム・ロジャーズの言葉

ジム・ロジャーズの言葉 2008年11月後半パート3 最新の言説

2008年11月後半パート3です。ジム・ロジャーズ氏の最新の言説は、次のとおりです。日本語で報道されていない部分・第二弾です。それは、ヨーロッパ、特にイギリスに関してのものです。それを紹介してから、通常の最新の言説を紹介しましょう。英文はオリジナル翻訳しています。

イギリスに関するものは、最近、
(UK Independent):The west is finished - Jim Rogers
の中で、ロジャーズ氏は、次のように発言しています。

−イギリスについてはどうですか?
「ここ(イギリス)の金融システムは、アメリカのものよりもさらに悪い形をしているかもしれない。」
「ノーザンロック銀行を見なさい。非常に面倒なことになっている。この銀行では、取り付け騒ぎ(銀行預金の一斉引き出し)があった。人々は、彼らの預金を引き出して、その代わり、バークレイズ銀行や王立スコットランド銀行(RBS)に預金した。」
「その時、英国政府は、すぐ飛び出してきて、ノーザンロック銀行を救済した。そうすると、だれもが、彼らの預金を他の銀行から引き出して、ノーザンロック銀行に預金を戻した。なぜなら、そこだけが、唯一、完全に安全な銀行となったからだ。」
「そのことは、他の銀行をすべて弱くしてしまった。そうして、英国政府がやって来て、他の銀行も救済してしまった。それは、アメリカで普及しているのと同じ、途方もなく愚かな行為である。」
「今後10年間で、英国では、再び、石油の輸入国となるだろう。英国が純然たる石油の輸入国となった時、ポンド(GBP)を下支えするものは何だろうか?(=今や、ありはしない。)」
「英国では、もう貿易赤字の不均衡は直して来た。私は、保有していたすべてのポンド(GBP)を売ってしまった。私が見る限り、ポンド(GBP)を支えるファンダメンタルズは、“ない”。」

(ロンドン・ワールド・マネーショー&ブルームバーグテレビジョンにて)

−アメリカ経済に関して
「バラク・オバマは、2つの政策を話している。それらは、2つとも経済には災厄である。はじめに、彼は、資本が最も弱い時に、弱った資本に税を投入したい。二つ目に、彼はアメリカ人の(金持ちの)雇用を守りたい。」
「失敗した事業を支えるために税を投入することは、有能な人々から資産を取り去り、無能な人々へ与えているということだ。米国政府は、有能な人々から資産を取り去り、無能な人々へその資産を与えている。そして、無能な人々に、“これで、OK!今や、あなた方は、有能な人々と競争することができる。しかも、彼らのお金で!”と言っている。」
「このアプローチは、絶対にうまくいかないし、結果も良くならないだろう。」
「あいにく、ワシントンのあのアホウども(turkeys)は、彼らのウォール街のお友達を救済して、アメリカ人であるあなたや私、そして子供たちまで破産させようとしている。これは、恐ろしい経済学である。これは、とんでもない経済学である。最悪の経済学だ。」
「シティバンク(Citi)のファンダメンタルズは損なわれている。ゼネラルモーターズ(GM)のファンダメンタルズも損なわれている。なぜ3億人のアメリカ人たちが、シティバンクの失敗のせいで支払わなければならないのか?金融システムがうまく動作する唯一の方法は、失敗した人々を破綻させることだ。そうして、有能な人々が、失敗した人々から資産を引き継ぎ、新しいより強い基盤をもって再出発することができる。」
「銀行は、過去、数百年間、破綻してきた。それでも、それは、世界の終わりではない。無能な金融機関は、一掃しなければならない。」
「アメリカにおける最良の希望は、オバマが言っていたかなりのことは、全部、大げさなうそであったとなることだ。」
「やがて十分な格付け会社が目を覚まし、米国政府の格付けを格下げし始めるかもしれない。」

−通貨・米ドル(USD)に関して
「米ドル(USD)は、世界の基軸通貨としての地位を失うだろう。」
「最近の米ドル(USD)の上昇は、一時的なものであり、ファンダメンタルズに基づいていない。」
「米国の企業倒産の波と国家債務のレベルは、どの通貨の上昇も短命になるだろうということを意味している。」
「米ドル(USD)には、巨大なショートポジションが存在する。市場参加者がそのポジションを反転する時、彼らは、すべてショートカバーをしている。そうして、この相場の総崩れは、私が思っているよりもさらにずっと続くだろう。私にとって喜ばしいことには、そうして、その時、私は、すべての米ドル(USD)をより高値で売ることができるだろう。それは、今月になるか、今年になるかはわからない。しかし、おそらく来年までにはそうなるだろう。私は、残りのドル資産から脱却することを計画している。これは、ショートカバーによって引き起こされた米ドル(USD)の人工的な一時的上昇だからだ。」
「今後1年間以内に、投資家は、米ドル(USD)から抜け出さなければならないだろう。」
「アジアの各国中央銀行は、米ドル(USD)投資における損失を見るのに飽き飽きして嫌になるだろう。」
「米国の政策担当者が米ドル(USD)安を志向しているため、基軸通貨としての役割が損なわれている。彼らは自国通貨の価値を押し下げれば、自国の競争力が増すと考えているが、この方法が長期的にうまくいったことは、過去に一度もない。米ドル(USD)は下落し、大幅安となるだろう。」
「米ドル(USD)は、下落するほうに賭けている。」

−債券・米長期国債(T-bond)に関して
「米長期国債(T-bond)もまた下落するだろう。」

−中国経済に関して
「中国政府の4兆円の内需振興策は非常に叡智ある決断だ。」
「内需振興策と勤労意欲が中国経済を伸ばすだろう。」
「中国人はいつも、仕事に就くときに“いつから始めるのか?私は何をすればよいのか?”と尋ねる。われわれ(米国人)は、“その職務で、何日の休暇が取れるのか?”と聞く。これが最大の違いだ。」
「中国株は、短期で見ると売るほうがいいだろうが、今後1、2年のうちに利益も上がるだろう。」

−商品市況・全般に関して
「現在の商品市場の下落は、一時的なものに過ぎない。」

−商品市況・原油に関して
「長期的にみれば、原油価格は上昇を続ける。」
「原油価格が暴落したのは、経済の先行きに不安を持った投資家が、現金を確保しようと利益を度外視して(関連商品の)“売り”に走ったからだ。」
「原油と他の基礎的商品の供給は減少しており、需要は増加している。石油の需給関係は将来にわたっても変化せず、長期的にみれば価格は必ず上昇していくだろう。」

−金(ゴールド)に関して
「金(ゴールド)は、各国中央銀行とIMF(国際通貨基金)が金を売ることにより、(一時的に)下落するかもしれない。」
「IMF(国際通貨基金)は、莫大な量の金を保有している。おそらく、金は、しばらくの間、下落するだろう。もしも金が下落すれば、私は、さらに金を買い増しするだろう。」

−推奨できる銘柄・セクターは?
「私は、日本円(JPY)の買いを進めている。」
「私は、金(ゴールド)、綿花、砂糖を買うことを推奨する。」
「アフリカの石油関連株からは目を放すな。特にアンゴラの銘柄には。アンゴラは、アフリカ大陸最大の産油国としてナイジェリアをまもなく越えるだろうから。」
「商品が1年か2年くらい下落したとしても、それは、商品の強気相場の終わりではない。」
「このような期間にあなたが利益を上げる方法は、ファンダメンタルズが損なわれていないものを買いなさい。あなたは、ファンダメンタルズが損なわれていないものを探すようになる。商品などの実物資産は、ファンダメンタルズが損なわれていない。」

(出典)bloomberg.com、newsmax.com、bi-me.com、marketoracle.co.uk
・Rogers: Obama Policies Disastrous
・Jim Rogers says bailing out failed businesses is outrageous economics, sell dollars
・Financial Markets Wild Ride Between Fear and Optimism
・Obama Bonds May Be the Answer as Dollar Plunges: William Pesek
・ロジャーズ:石油銘柄は「買い」、原油暴落「気にせず」
・ロジャーズ「内需振興策と勤労意欲が中国経済を伸ばす」
・ロジャーズ氏:ドルは「下落」へ、米国はドル安志向−円と商品は買い
・Citigroup to hold onto emerging market assets
・Economic Report Card Worse Than Expected

ジム・ロジャーズ「中国の時代」
posted by ジム・ロジャーズ | ジム・ロジャーズの言葉
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。