ジム・ロジャーズの言葉 2010年1月 最新の言説

2010年1月です。ジム・ロジャーズ氏の最新の言説は、次のとおりです。ニュースソースが英語のものは、すべてオリジナル翻訳しています。


バーナンキFRB議長は問題の一部、解決策ではない−ロジャーズ氏

1月25日(ブルームバーグ):著名投資家のジム・ロジャーズ氏は、バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長について、米国が直面する経済の諸問題の解決にはならず、むしろ問題を構成する一部分との認識を明らかにした。

ロジャーズ氏は香港でブルームバーグテレビジョンに出演し、「この世界に中央銀行はない方がよい」と述べ、過剰流動性に関して「各国中銀が存在しなければ、この問題も生じなかっただろう」と話した。

ジム・ロジャーズ氏:世界株の調整は「既にあってしかるべき時期」

1月25日(ブルームバーグ):著名投資家ジム・ロジャーズ氏は、世界の株式相場は「調整のリスクにさらされている」との考えを示した。昨年3月の安値から大きく上昇していることや各国政府が景気刺激策を引き揚げることを理由に挙げた。

  先進国・地域の株価指標であるMSCI世界指数は昨年3月9日に付けた約13年ぶり安値から67%上昇している。今年1月14日に記録した1年4カ月ぶり高値からは4.9%下落。

  ロジャーズ氏は香港でのインタビューで、「調整が既にあってしかるべき時期だ」とし、「世界の株価は10カ月にわたって、上昇してきている」と指摘した。

  世界の景気回復を主導してきた中国では、中国人民銀行(中央銀行)が市中銀行の預金準備率を引き上げたほか、銀行の融資抑制に乗り出している。

  ロジャーズ氏は「どこもまだ十分な引き締めをしていないと思う。皆がもっと政策を引き締めるべきだろう」とし、「世界中で大量の紙幣が印刷されたので、通貨は不安定になるだろう。インフレ加速と金利上昇も招くだろう」と語った。


香港の高級住宅価格、今年は最大15%上昇も−チョンコンのチュー氏

1月20日(ブルームバーグ):香港の高級住宅価格は今年、最大15%上昇する可能性があるものの、香港や中国の不動産市場はバブルではない−。アジア2位の資産家、李嘉誠氏が率いる香港の不動産会社、チョンコン・ホールディングス(長江実業集団)のエグゼクティブディレクター、ジャスティン・チュー氏が20日、香港でそうした見方を示した。

チュー氏は、今年の高級住宅価格の上昇率は10−15%、大衆向け新築住宅価格は15−20%に達する公算があると指摘。今年の中国住宅販売収入は300億元(約4000億円)を超える可能性があると予想した。昨年9月時点では、2009年通期の収入を15億元と見込んでいた。

チュー氏は「バブルはほとんど見られない」と述べ、「政府が市場を失速させようとしていることについて、あまり懸念し過ぎるべきではない」と付け加えた。

これに対して、著名投資家のジム・ロジャーズ氏は19日、香港と上海の不動産価格はバブルに陥っており、「低下する必要がある」との見方を示した。中国の主要70都市の不動産価格は昨年12月、前年同月比7.8%上昇し、伸び率は1年半ぶり高水準となった。不動産コンサルタントのナイト・フランクによれば、昨年の香港不動産の価格上昇率は、世界の主要住宅市場で最高だった。

09年7−12月(下期)の不動産価格は香港で30%上昇、中国では20%上昇となった。チュー氏は投機的取引がかかわっている可能性があると結論している。


ジム・ロジャーズ氏:上海と香港の不動産はバブル、価格下落も

1月19日(ブルームバーグ):著名投資家ジム・ロジャーズ氏は、上海と香港の不動産価格は投機的な需要によって押し上げられたとし、下落する可能性があると指摘した。一方、中国経済の他の部分は「バブルになっているとは言い難い」との見解を示した。

  同氏は19日にブルームバーグ・ニュースのシンガポール支局でインタビューに応じ、中国政府による融資抑制の取り組みが投機とインフレ加速を抑えるだろうと語った。

  中国の70都市の不動産価格は昨年12月の上昇率が7.8%と1年半ぶりの高水準だった。不動産仲介の英ナイト・フランクによれば、香港の不動産価格は昨年、世界の主要住宅市場の中で最大の上昇を演じた。

  ロジャーズ氏は「上海と香港の不動産価格は確かに、下落する必要がある」とし、「世界にバブルが存在するとすれば、上海・香港の不動産と米国債だ。これらは明らかに、大いに過大評価されている」と述べた。

  中国当局は市中銀行の預金準備率を引き上げるとともに、1年物手形の金利を高めに誘導している。ロジャーズ氏は「中国はマネーを供給し過ぎ、価格が上昇し過ぎたことに気付き、ペースを鈍らせようとしている」として、「これらの措置は景気の過熱を抑えることを目的としたものだ。奏功することを祈ろう」と話した。

  同氏はまた、昨年の上昇にもかかわらず中国株を売ってはいないことを明らかにした。最後に中国株を購入したのは2008年10、11月だという。一方で、世界的な株式相場上昇は、「もっと前に底固めが必要だった」ことを示しているとして、現時点では株式よりも商品投資が望ましいとの見方を示した。


(出典)
ジム・ロジャーズ氏:世界株の調整は「既にあってしかるべき時期」
バーナンキFRB議長は問題の一部、解決策ではない−ロジャーズ氏
香港の高級住宅価格、今年は最大15%上昇も−チョンコンのチュー氏
ジム・ロジャーズ氏:上海と香港の不動産はバブル、価格下落も

ジム・ロジャーズ「娘に贈る13の言葉」

posted by ジム・ロジャーズ | TrackBack(0) | ジム・ロジャーズの言葉

ジム・ロジャーズ氏特別インタビュー『ジム・ロジャーズ“コモディティ”を語る「株式より上策」』

ジム・ロジャーズ氏へのWEBインタビュー情報です。ジム・ロジャーズ氏への短いインタビューが、サーチナにあります。全文を引用いたします。


ジム・ロジャーズ“コモディティ”を語る「株式より上策」

 不況が長引く世界経済。しかし、コモディティ分野では、例えばニューヨーク金先物相場が連日のように史上最高値を更新している。「世界で最も成功した投資家のひとり」とされるジム・ロジャーズ氏も、『ジム・ロジャーズが語る商品の時代』を著すなど、このところコモディティ重視の言動を繰り返している。そこでロジャーズ氏に、コモディティ市場に対する最新の考え方を尋ねてみた。

**********

――ジム・ロジャーズさんは著作の中でも、「これからの10年、投資はコモディティだ」と主張されています。

ロジャーズ:ドル資産、株などで運用するよりも、コモディティに投資する方が上策です。他のセクターよりも、運用成績はずっと上がるはずです。私はコモディティを買い続けてきたし、これからも買うでしょう。

――世界一の消費大国である中国ではソフトコモディティの消費が急増し、世界の穀物相場に影響しているようですね。

ロジャーズ:そうですね。問題は、人民元が自由に兌換できないことですね。そのこともあり、中国のコモディティ市場に外資が参入することは困難です。大連などはいずれCMEと同じくらいの規模の取引量になるとの声もありますが、そうは思えない。また、人民元が自由に兌換されないと考えています。

――金価格は今後10年以内に、1オンス2000ドルを突破すると予想されました。ドルに対するヘッジ手段としての意味が強まるのでしょうか

ロジャーズ:たしかに、金は2019年2000ドルに到達するといいました。長期的に見れば、ドルは下がっていくでしょう。(ドルについて)皆が悲観的になっています。ただし、私は少々違う考えも持つようになりました。というのは、最近になりニューヨークでいろいろと見たかぎり、米国経済はそれまでに思っていたほど悪くないと感じたのです。私はこれまでに買ったドルを、すべて手放したわけではない。今でも、持ち続けている部分があります。(編集担当:風間浩)

(出典)
ジム・ロジャーズ“コモディティ”を語る「株式より上策」

ジム・ロジャーズ「娘に贈る13の言葉」

posted by ジム・ロジャーズ | TrackBack(0) | WEBインタビュー情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。