ジム・ロジャーズ氏大和投資信託最新インタビュー(20091222)

大和証券投資信託委託株式会社が、12月3日、シンガポール在住のジム・ロジャーズ氏に最新のインタビューを行いました。大和投資信託の最新ファンド・レターとして発表されています。全文を引用いたします。

<コモディティ市場について>
1、コモディティ市場の2010年の見通しをお教え下さい。
Jim Rogers「世界経済が回復すると、供給が不足しているコモディティは値上がりするでしょう。世界の経済が回復しないとしても、世界中で大量の貨幣が供給されているためコモディティの価格は上昇すると思います。そして景気が悪化すれば、更に多くの貨幣が供給されます。したがって、コモディティが最も優れた投資先であると考えます。2010年にコモディティ市場がどうなるか、私にはわかりません。もし誰も想像しないような事態が起きれば、しばらくの間、全てのものが値下りするでしょう。私は、何が起きるにしても、コモディティが最良の投資先であると信じて疑いません。」

2、コモディティ市場に大きな影響を与えると危惧されているイベントを2010年に想定されていらっしゃいますか?
J「私は2010年か2011年に、小規模の通貨危機が起きるのではないかと考えています。世界に終末をもたらすような深刻な危機ではありませんが、市場に大きな混乱や不安をもたらす危機です。私を除いて、そのような危機を予測している人は殆どいないでしょう。」

<金および産業金属について>
3、ドル安や中央銀行による購入を背景として、金価格が1,100ドル/オンスを超えていますが、ロジャーズ氏の今後の金価格の見通しをお教え下さい。また、2,000ドル越えもあり得るとの考えに変更はありませんか。
J「私はこの強気相場の中で、金の価格が1オンス当たり2,000ドルを超えると予測しています。強気相場は今後も10年以上続くでしょう。」

4、新興国でのインフラ整備拡大等を背景に、産業金属の更なる需要増が予想されますが、産業金属セクターの注目品目をお聞かせ下さい。
J「私は産業用金属セクターの中で、どの品目が注目に値するのかわかりません。通常、お金を儲ける最良の方法は、最も値下がりしているものを見つけることです。私は、最近価格の動きをあまり詳細に見ていないので、現在、どの品目が一番値下がりしているのかはっきりしません。しかしそれがどれであるにしろ、最も値下がりしているコモディティが一番儲かるでしょうし、さらに値下がりしたとしても損失はさほど大きくないと思います。」

<その他コモディティに関して>
5、中国の大連商品取引所のシニア・アドバイザーに就任されたそうですが、就任を決めた一番の理由は何だったのでしょうか?
J「私は大連商品取引所のシニア・アドバイザーに就任しましたが、シニア・アドバイザーとして実際どんな仕事をすべきなのかはっきりしていません。なぜなら大連取引所は今まで外国人をアドバイザーに採用したことがないからです。しかし、何らかの形でお役に立つことができればと思っています。皆さんも良くご存知のように、私はコモディティに大変関心を持っていますし、大連は大好きな街です。これまで大連には4、5回訪問しています。また、大連商品取引所では少なくとも2回講演を行っています。そこで、是非ともアドバイザーに就任して頂けないかと要請され承諾したというのが経緯です。外国人にとって中国で一番重要な問題は通貨の規制です。外国人は人民元を自由に売買することができません。私は中国人ではありませんので、中国でコモディティを売買することは違法です。これが中国の取引所における大きな問題点です。」

6、大連を初め中国の取引所は、通貨の問題もあり現状海外投資家へ閉鎖的ですが、一度開放されれば、世界のコモディティ取引の中心になる可能性は大きいとの見方があります。海外投資家への開放について、ロジャーズ氏のご意見および今後の可能性・戦略をお聞かせ下さい。
J「外国人が中国の商品取引所で投資できるとしても、人民元は依然として封鎖されたままです。国外に資金を持ち出せないのであれば、取引所で取引するためだけの目的で中国に資金を持ち込む人はあまりいないでしょう。もし中国が外国人にコモディティ市場と為替市場を開放すれば、中国はアジアで最大、いや世界でも最大の商品取引所になると思います。」

<世界経済について>
7、2010年の世界経済の方向性についてお聞かせ下さい。
J「2010年前半の世界経済は2008年よりも良好になると思います。今年よりももっと良くなっているかもしれません。しかし2011年、2012年は心配です。何故かと言うと、現在世界中の政府が膨大な額の財政政策を実施しているからです。2008年は全てが落ち込んでしまいましたが、2010年は幾分か改善されるでしょう。我々は2000年あるいは2001年に始まった経済問題の中におり、問題は未だ解決されていないと思います。この先しばらく良い状況が続くでしょうが、2007年のような良好な状態には戻らないでしょう。現状においては、世界経済は改善の方向に進んでいると思います。」

8、政府の先行き不透明感や円高により日本株の不振が続いており、現状日本株に投資する魅力が見出せない状況にあります。ロジャーズ氏から見て、日本株全体の回復に必要な条件は何でしょうか?
J「私は引き続き日本株を保有し、日本円を持っています。日本円は来年他の通貨に対して値上がりすると思います。日本政府がするべきことは、無駄なプロジェクトのための浪費を止めることです。政府は支出を抑えると言っていますが、本当に実行するか私にはわかりませんし、浪費は止まっていません。新しい政府が日本を復活させるためには、より多くのお金が必要です。日本銀行は、はっきり言って、ゼロ金利によって預金者に大打撃を与えています。日本政府や日本銀行にとって最良の方策は、投資家に対して海外に投資した資金を日本に戻すよう働きかけることです。それにはしばらく金利の上昇が必要でしょうが問題ありません。ゼロ金利自体が歪みなのです。日本の金利が上昇すれば皆が驚くでしょう。しかし、それこそが私が日本政府や日本銀行に期待することなのです。」

9、新興国株式市場はバブル状態に成りつつあるとの意見もありますが、ロジャーズ氏からみて、現在バブル状態にあるもしくは成りつつあると思われる市場はありますか?
J「エマージング市場ではバブルは発生していないと思います。世界でバブルが発生しつつあると言えるのは、米国の長期国債市場です。米国政府に対して30年もの間3%〜6%の金利でお金を貸すことは、私には理解できません。かといって現在米国債を空売りしているわけではありません。どこまで価格が上昇するかわからないからです。日本国債と同じくらい値上がりするかもしれません。割高になっている市場は世界にいくつかあるでしょうが、割高はバブルではありません。市場は1年の間で割高になる時期があるものです。世界中の株式市場を振り返ってみれば、ある年には高値と安値が40%−50%の離れている株が必ずあります。価格が行き過ぎてもそれはバブルではありません。米国の銀行株の中には、安値から3倍になったものもあります。割高かもしれませんがバブルではないと確信しています。」

pdf.pngジム・ロジャーズ氏インタビュー
※直リンクを避けるため、レポートのタイトルページへリンクしています。
リンク切れで見れない場合は⇒保管先

ジム・ロジャーズ「娘に贈る13の言葉」

posted by ジム・ロジャーズ | TrackBack(0) | WEBインタビュー情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。