ジム・ロジャーズの言葉ミニスペシャル 『伝説的人物からの教訓』

ジム・ロジャーズの言葉ミニスペシャルです。久しぶりにドキュメントエッセイ(随想録)を取り上げます。ロジャーズ氏は、現在、シンガポール在住であることは周知の事実なのですが、現在でも、アメリカのフロリダ州に邸宅があります。その理由には意外な経緯がありました。商品トレーダーで投資コラムニストのマシュー・ブラッドバード氏がロジャーズ氏の講演から随想したこととは・・・。ドキュメントエッセイ(随想録)なので、読みやすさを考慮し、そのまま全文翻訳することにします。

Jim Rogers: Lessons from a Legend
ジム・ロジャーズ『伝説的人物からの教訓』

昨夜、私(Matthew Bradbard)は、ジム・ロジャーズ氏に会うために、マイアミへと旅立った。彼の最新の著作・A Gift to My Children(「娘に贈る13の言葉」の逆輸入英訳本)にサインしてもらうためだ。(セミナーでは、)彼は、この地球を3年間かけて回った旅の話を短くした後、彼は、この本について少し話し、聴衆から質問を受けていた。

ジムは、「私は、ひどいマーケット・タイマーである。」と、何度も言っていた。彼は、「この部屋の中では最悪ではないが、世界中では最悪である。」とまで言っていた。とても謙遜しながら。

ジムの主要な邸宅は、シンガポールにあるが、彼はまた、ここフロリダにも邸宅があり、住んでいる。私が面白いと思ったのは、彼は、家を借りていて、ここフロリダで家を所有していないということである。

アメリカの不動産市場がクラッシュする前に、ニューヨークの豪華な邸宅を売ってしまい、ここフロリダで家を借りていたという事実は、不動産市場に関しては、彼のタイミングはさらに良いものであることを意味しているかもしれない。

「たいていの人々よりも後々まで待ったけれども、人生における最も誇るべき偉業の一つは、子供を持ったということである。」と、彼は言っていた。現代で、最も成功した投資家の一人として、この本は、彼が最もなりそうな父親に関する内容を話している。彼は、家族とシンガポールへ引越しただけでなく、彼の2人の娘たちは、流暢な中国語とスペイン語を話すようになっている。

彼は、彼の銀行口座については詳細を明かさなかったが、彼の2人の娘たちは、米ドルの口座ではなく、スイスの銀行に口座を持っていると言う。これは、米ドルについての彼の見方を象徴しているものなのだろうか。

彼は、今、アメリカ長期国債をショート・エクスポージャー(売り持ちリスクにさらすこと)をしていない。現在、彼は、考えている。この複雑な債券市場の何十年にもわたる強気相場は終わった、と。そして、彼は、近い将来、債券市場で大量のショート・ポジションを持つだろうということを信じている。

聴衆からの質問の一つは、MBA(経営学修士号)を取ることに関係していた。ジムの答えは、それはもうたくさんの言葉で、「MBAなんて、まったく金と時間の無駄遣いだ!!」というものだった。彼は、MBAよりももっと価値ある体験ができるであろうと言って、世界中を旅して回ることを提案していた。「向こうのそうそうたる大学のどこかに行くよりも、ボストンでバスタブに浸かって座っている方がもっと勉強できるはずだ。」とまで、彼は言っていた。

ジムは、中央銀行が行っている現在の政策と、潜在的で深刻なインフレーションは全く避けることができないということについて、ほとんど良く言うことはなかった。彼は、「長期金利は、さらに跳ね上がるだろう。」と予想する。(債券相場の)時間枠の見通しを与えることはなかったが。もしも紙幣印刷機が、現在のペースで印刷し、木々を消費し続けるならば、アメリカの森は丸裸になるかもしれない、と彼は冗談で言っていた。

彼が言っていたと私が思い出す不動産に関する唯一のアドバイスは、「ミッドウェスト(中西部)の農地を買え!」ということである。それは、彼が予想する商品価格におけるブームの利点を生かすためだ。

過去の商品相場の強気サイクル(周期)は、彼の見方では、18年から20年、続いていた。そして、現在、我々は、その新しい強気サイクルの中の10年かそこら辺のところに居る、と言う。

商品トレーダーとして、私が最も面白いと思うことは、彼のジャケットのポケットの中には、金貨と銀貨、そして、砂糖の小袋が本当に入っていることである。これは、おそらく講義のポイントを示すものなのだろうが、実際、私や他の聴衆メンバーのハートを撃っていた。

私が最も衝撃を受けたことの一つは、この部屋やアメリカ、そして、世界中で商品に投資している一般人口(トレーダー)がいかに少ないか!だった。しかし、それは、変わって行くだろう。次の5〜10年間で深い利益を上げるために耐え、訓練を積んだ者たちが現れることを、私は信じている。

下の表を見て欲しい。過去にはどんな安値やどんな高値があったかを見渡すためのいくつかの商品・通貨・指数の歴史的価格表である。そして、現在、我々が居るところもわかる。ただし、この図は、インフレ調整されていない。ロジャーズ氏は、自分のことを恐ろしいマーケット・タイマーであると言っていたけれど、彼は、価格が下落した時に買えるように、また、価格が上昇した時に売れるように、我々にいつも(このような表を)見ていることを提案していた。

(完)


(出典)seekingalpha.com
・Jim Rogers: Lessons from a Legend

ジム・ロジャーズ「娘に贈る13の言葉」

posted by ジム・ロジャーズ | TrackBack(0) | ジム・ロジャーズの言葉スペシャル

ジム・ロジャーズの言葉 2009年12月前半パート3 最新の言説

2009年12月前半パート3です。ジム・ロジャーズ氏の最新の言説は、次のとおりです。ロジャーズ氏ですが、CNBCの番組にて、次のように発言しています。













CNBC Exclusive: One on One with Jim Rogers

トランスクリプトは、すでに翻訳されている方がいらっしゃいますので、そちらをご紹介させていただきます。

どうも間違ったサイトを紹介してしまったみたいで、申し訳ありません。
一度、紹介したサイトは、記事を引用しているにも関わらず、引用元も表記していないとんでもないただの無断転載サイトでした。
正しくは、次のサイトとなります。お詫びして、訂正させていただきます。

◎豊島逸夫のニュース解説(豊島逸夫さんの日経BPブログ)
別窓で開きます⇒ジムロジャースのFX戦略
※こちらはまともなサイトですので、音楽など鳴りません。会社閲覧の方、安心して下さい。


(出典)cnbc.com
・Gold Not a Bubble, Silver a Better Buy: Rogers
・Gov't Spending Is Like Tiger's Dating: Jim Rogers

ジム・ロジャーズ「娘に贈る13の言葉」

posted by ジム・ロジャーズ | TrackBack(0) | ジム・ロジャーズの言葉
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。